公演記録vol.3「関ヶ原の見物人」

公演記録 vol.3
関ヶ原の見物人

2018年6月15日~24日
at HEP HALL

関ヶ原の見物人

脚本・演出

  • 片岡百萬両

出演

  • 片岡百萬両
  • 蟷螂襲(PM/飛ぶ教室)
  • 山浦徹(化石オートバイ)
  • 森崎正弘(MousePiece-ree)
  • 上原日呂(月曜劇団)
  • 吉田青弘
  • 飯嶋松之助(KING&HEAVY)
  • 大塚宣幸(大阪バンガー帝国)
  • 梅村和史

三味線演奏

  • 竹内獅士丸(三味線)

ダンサー

  • 斉藤千秋
  • MIHO(via)
  • 田中美聡
  • MORO
  • 柏谷翔子(おなごん!)

舞台写真

登場人物

  • 一筆しめし史伝師/片岡百萬両
  • 腰の重い有名武将/山浦徹
  • 落ちぶれ山賊大将/森崎正弘
  • 巻き込まれる地主/上原日呂
  • 買って出た貧乏籤/大塚宣幸
  • さばゐばるの達人/吉田青弘
  • 露天を嗜むご年配飯/蟷螂襲
  • 戦に憧れる青二才/飯嶋松之助
  • 荒ぶる山の鳥の神/竹内獅士丸
  • 時代遅れの野生児/梅村和史

あらすじ

関ヶ原の見物人

歴史に名を残す大合戦、
天下分け目の大戦「関ヶ原の合戦」。

戦いとは別の場所でひっそりと
触れ合った人たちがいた。

此れは歴史とはほぼ無関係な
人間たちが戦を傍観する物語。

歴史に書き記される事のなかった
漢たちの一夜限りの大一番。

スタッフ

舞台監督:今井康平(CQ)
音響:谷口大輔(T&Crew)
照明:加藤直子(DASH COMPANY)
映像:赤星マサノリ(sunday)
衣裳:植田昇明(kasane)
ヘアメイク:歯朶原諭子(High Shock)・KEITA(studio Ace)・島田裕子
殺陣指導:吉田青弘
ダンス振付:斉藤千秋・MIHO(via)・田中美聡
舞台美術:西本卓也(Giant Grammy)
スチール:堀川高志(kutowans studio)
宣伝美術:片岡百萬両
演出助手:小山裕暉(テノヒラサイズ)
チームサポート:石田裕子・飯伏裕理・稲田紗恵
舞台収録:ワルタン
制作:徳永のぞみ
演出部:ラビット☆ハート
企画・製作:片岡自動車工業
協力:マジ片岡自動車工業・in→dependent theatre・RJ CAFE・(株)マカベ・小森さん・関ヶ原ウォーランド・ゼ会・澤奈津樹・株式会社タップハウス・他

フライヤーデザイン

もっと見る!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする