「何億年先でも」稽古、6回目。

「何億年先でも」稽古、6回目。

「何億年先でも」の稽古。こんばんわ。片岡自動車工業です。

音読、読み合わせ、小返し読み、立ち稽古に進化いたしまして。今日は通さずにここはこうしようの積み重ねで、段取りと呼ばれる部分はラストシーンまで付けた。なんとも、自分とまりえちゃんらしい稽古だなと思いました。

気持ちや役やシーンシーン毎の小返しも大事だけども、お互い、開演から終演までの形や立ち位置が決まると、同じく、立って稽古するにしても、説得力と、破壊力と、発想力、瞬発力が断然に違うような演劇民族っぽいからだ。そういえば青島青子もこんな順番で稽古を重ねたりしていたのを思い出しました。

まりえちゃんは、せっせこと台詞を入れ始めていて、それも台詞覚えてなかったら、立ち稽古もなにもないってことを、彼女自身が一番よく知っているからなんだなと思います。

立ち稽古で、執筆時には想定もしていなかったアイテムが出てくる事になりまして、今、演出的にしっかり検討中。僕はどうも、書いてる時と演出する時、脳みその全く違う部分を使っているみたいで、演出時の発想を、執筆時にどうしても想像しきれません。おかげで稽古は毎回斬新ですけど。

さてさて。全部形が出来たので、一旦まりえちゃんに丸投げの状態。
創作において効率を求める部分はとことん、止まる時は、どどんと踏みとどまって。系列的には「ゼクシーナンシーモーニングララバイ」と同系列かもしれない。それがまりえちゃんにはビタッとハマるはずだし、今はまだボタンをかけ違ったりもしていますが、わりと、どこまでも行ける気がしています。ほんとに見にきてください。

ほら、みてよ。自撮りしたんすよ。慣れてないからこんな顔なってしまいますけど。
髪を切ったんですね。いつ振りか忘れたけど。パーマ的ななにかも当たりました。で、劇団時代に作品を観に来てくれた美容師さんがいるお店だったんですけど、「バートラム王子また見たい」って言ってくれました。やっぱ、嬉しいですよね。そんなコメント一つでどこまでも頑張れちゃったりするもんで。現金な話ですけど。

今、僕は、ワルタンにしても、真壁や小野村さんにしても、中元にしても、よっしーにしても、書ききれないくらい応援してくれている人がたくさんいます。その事を当たり前だなんて思ったこともないですけど、感謝の気持ちは忘れずに、連絡はこまめに、わがままにやりたいことはこれだ!みたいな感じで自分が生み出す作品で、お客さんにも関係者にも、ちゃんと伝わるように気持ちを形にしたいです。

じゃあまた書きます。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする