大詰め!拙者の一夜城。

大詰め!拙者の一夜城。

片岡自動車工業です。ちょこちょこ更新。筆まめ野郎です。

一人芝居「突貫!拙者の一夜城」稽古も大詰め。今週末本番ですし。明後日出発ですし。
今回の稽古も青島青子で大活躍してくれた小林夢祈くんが参加してくれて「一人芝居の稽古だからあんまりやってもらうことないよ」って言ったんだけど見学でもいいのでという事だったので、参加してもらっていました。で、せっかくだし、夢祈くんには台本も渡してプロンプやタイムを計測してもらったりしていたんだけど、昨日は彼に演じてもらう時間を取りました。

彼はこの稽古に参加してからずっと台本を覚え始めていて、昨日遂に序盤の10分を見事に演じたわけです。覚えれるところまで、という誓約で。学生の本分を見失わないように、出来る範囲で。ワークショップでもないですし。で彼のプレーを観て吉田君にも刺激があればいいなと思ったりもしたわけで。で、偉そうに演出してる僕が彼に出来る事はなんだろうか、と色々思いつつ、しっかりチェックを取って「上演するならば」「もしも次稽古があるならば」「今後役者として活躍するならば」という仮定で、しっかりと向き合いました。

チェックチェック。
そうするならもっとこうしたほうがいいのでは?等の一般的に言うダメ出しってやつですね。僕はダメ出しっていう言葉があまり好きじゃありません。なんか、言葉の挙げ足を取るみたいですけど、ダメな事前提やん、っていうツッコミが入っちゃうんですよね。ダメ出しなんて言葉のせいで、良いところにもちゃんと目を向けれているのか、自覚しながら、これは演出する上での戒めですね。自分が演出ではない場合は全然ダメ出しという言葉も受け止めれるんだけども。

話が逸れてしまった。
夢祈くんの今後の活躍に少しでも貢献できるならいいんじゃないかと思い出演者としての彼にあれこれと伝えた次第です。

よっしーの通し。←こっちが本題。
まぁここのところ三回くらい通しでは馬力中心になりがちな吉田君。作品の魅力から少しズレ始めている。こういった現象は初演の時にもあったんだけど、デリケートな事なので慎重に、でも彼自身で解決してもらうようにある程度放っておくというスタンス。頑張るって言うのはみんなやってるからな。頑張るだけでは。
スパイシーなコメントを添えつつ、出来ている事とそうでない事、演じている者と前から見ている者の違いについてくっきりさせていく。何かを掴み損ねた感触もシェアしながら、昨日、まわりまわって初演の初日の稽古で言い放った言葉と全く同じ言葉を吐いた。初心が基本で基本が大事。オーソドックスなインファイトだからこそ、ただのファイトだけじゃなくてブローの組み合わせやバリエーションについても話し、それ以前の足の広げ方、佇まい、僕からみた吉田青弘をしっかり伝えた。残す稽古は2回。

あと2回も失敗できるんやで。

はい。画像はドーベルマンで大活躍してくれた真壁愛が「ちゃりんこベイベー」という作品をひっさげて、えーびーがたというユニット名で、30×30に初挑戦と言う事で、激励のイラストを書かせてもらいました。ちゃんと作品のイメージにあってればいいんだけど。これ、失礼な話だけどもボールペンで一発書きしました。松本大洋さんみたいなタッチを目指して描いてみたけど、難しかった。

最近なんか、漫画家なれば?とか言われるんすけど、漫画家になんてなれない。指が折れてしまう。昔の夢は漫画家でした。舐めたらあかん。漫画家の世界も厳しい。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする