振り返りましょう青子。

振り返りましょう青子。

うちに帰るまでが遠足です! の、ようなものでコラボが終わるまでが青子。でした。

連日完売になったJUNKSTORYさんの「劇場版塩まぜそば〜エンジェルまっしぐら〜」も販売終了。この限定メニューが生まれるまでの秘話は秘話のまま。涙なしには語れません。

改めまして。
片岡自動車工業vol.2「名探偵青島青子 -劇場版-」終了してから約一週間。一人主宰なのであれやこれやとバタバタしたり、電池が切れたように眠ったり。そんなこんなで今更新。

今回の作風のようなバカを思いっきり前に出す作品はわりと勇気がいる。でもなんか最近インテリジェンスっていうか、こんな感じの芝居はついぞ観なくなった(個人的感想)のもあり、汗や殺陣に頼らないようなエンタメっぽいのもあっていいんじゃないかな。ベタなのかなんなのかわかんないけど、大団円だったりね、犬が喋る世界観だったりね、観劇を繰り返している人たちには「うーん」だったのかもしれないんだけど、僕はそれでいいと思って作りました。そんな僕のやりたい事を汲み取って全身全霊で舞台に立ってくれた出演者さんたちと、サポートしてくれたチームサポートのみんな、スタッフの方々、本当に心強かったです。ありがとうございました。

新しい事をすると批判や意図とは違った反応もあったりしますが、今はこれがベストだと思っています。満足度100%がないから続けてるんだし。それは客席でも同じ事なんじゃないかなぁ。これからもバカやりますし、もっと違った劇作もすでに控えております。簡単に言うと片岡自動車工業vol.3の企画はすでに始動していて、また発表のタイミングでお知らせしたいと思っています。是非今後とも片岡自動車工業をよろしくお願いします。

死にまくる河上さん。
驚き続ける林檎さん。
キュートな清水さん。
逆ギレの大江さん。
色物の森口っちゃん。
男前な真壁さん。
マイウェイな川端さん。
震える小野村さん。
持って行く中元さん。
恋に溺れるよねまりちゃん。
口の悪い飛鳥ちゃん。
エンタメ主演の一瀬さん。

男優やダンサー、弦楽チームの事についてはまた別の記事でふれたいと思います。

やりたい事を詰め込んで、脚本的にも演出的にも稚拙な部分はあったかもしれませんが、これが今の全力でした。稽古始まった頃はまだ4月で、段取りをぐわーってつけて、ディスカッションしながら返し稽古して、この人めっちゃ良いやん!からもっとガンバレ!ってのもあって、ちゃんと紆余曲折あって、新しい物語をお客様にお届け出来るまでのしっかりとした稽古を充実して過ごす事が出来ました。プロデュース公演よろしく、終わったら二度と集まる事の無いたった一度きりの座組でしたが、一ヶ月半でまるで劇団のようになりました。

いいところは継承して、改善すべき点もしっかり見つめて、次に繋げたいと心から思います。

なんだかんだいって客席にお客様が座って、上演しているその時がゴールなんだから、でもゴールなだけじゃなくてスタートでもあって、また劇場に足を運んで頂くべく、面白い事をまだまだ続けて、「片岡自動車工業?なにそれ変な名前」ってな具合で笑われながら成長していきたいと思います。

色んな大人の都合で動員数は発表できませんけども、過去最高動員でした。
嬉しい!次はもっとこえるぞ!


JUNKSTORYさんのコラボも今日でお仕舞いでした。

演劇が演劇を超える瞬間を作りながら演劇そのものの純度についても、もっと取り組んでいきたい。で退屈しないように遊びながら! どうもありがとうございました!

後書きはまだ続きます。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする