男優のご紹介。

本日のロング稽古。

全く不明瞭なままここまでやってきた男優たちのご紹介をさせて頂きます。

吉田青弘さん
お馴染みの吉田青弘氏。片岡自動車工業ではゼクシーナンシーモーニングララバイも突貫!拙者の一夜城もガッツリで、今回もガッツリ。相棒みたいになっている彼ですが、それはもう昔からの事で、因縁めいた劇場で今回一緒に舞台に立つのは三年振りのリベンジでもあります。もちろんプレッシャーも多いけど、苦楽を共にした彼だからこそ、僕の作品への理解力が誰よりもあるからこそ、今回は縁の下の力持ちに徹してもらいます。実は、今回のタイプのような作品は過去に一度やったことがあるんだけど、そのとき彼には出演してもらわなかったので、楽しみです。安定のよっしー。ご期待ください。

山田まさゆきさん
久しぶりの山ちゃんだ。山ちゃんは最初からずっと山ちゃんで、僕はずっと好きな山ちゃんだ。なんで山ちゃんの事が好きなのかと言うと、僕と全然違うからなわけで、人間的にも感覚的にも全然違うし趣味も恐らく違ってるんだけど舞台上では気が合うという不思議な山ちゃんなのです。山ちゃんと一緒にやっているとどうしても僕自身が楽しんでしまって、二人で、しかも近距離でニヤニヤしてしまう事もしばしばあるので気持ち悪いかもしれません。久しぶりに山ちゃんと同じ瞬間に舞台上にいます。楽しみです。

鈴木洋平さん
はい。彼も「ゼクシーナンシーモーニングララバイ」からの続投でございます。うーんと。僕が鈴木洋平というプレイヤーに興味を持ち始めたのが、林檎さんと同じくアクトリーグというアドリブの世界でして、パッションセンスと独特の声の使い方に引き込まれました。年も一緒で、実は昔はそんなに洋平や!って思わなかったんですが近年の彼の魅力はオリジナルジャンルの確立まで行ってるんじゃないかというくらいのものです。今回は声を楽器のように操ってもらいます。

三人だけのご紹介だから楽でした。明日はダンサーさん!

はい。

片岡自動車工業から飛び出した片岡自動車工業の稽古。
某稽古場施設。14-22時までみっちりと。

良い事もそうでない事もある。常に絶好調の芝居なんて観た事ないし、ましてや稽古。真壁さん中元さんのコンビのシーンの強化。真壁さん追い込まれるの巻。中元さんもテンパるの巻。川端さんも早くから来てくれて、なんかすごい劇団の風景でしたけども。
うん。二人には大きな壁が今立ち塞がってる状態。とことんまでやってみる。やれば出来るじゃないかって部分もあるし、まだまだいこうぜ!みたいな部分もある。失敗を恐れない、恥ずかしがらないスタンスでガンガンミスして、本番にミスがないような稽古をしてほしい。稽古の為の稽古なんてしてられないですし。

そこへ小野村さん、大江さんが入って4人。サポートのしだっちがめちゃめちゃ頼もしい。

河上さん、林檎さんも来て、息を合わせる抜き稽古。
これまでのメンバーも参加して、コツコツ穴を潰して行く。良い感じだ。
林檎さんの主張が激しいけど、ぶっちゃけ林檎さんが目立つのを抑えるより、他パートも主張してくるのがベスト。だから林檎さんは主張をやめないのだな。清水さんも来て早々着替えもせずに参加してくれた。なんてこった。

森口っちゃんとヨネマリが来てくれて、二人だけのシーンをみっちりやって、全然演出の手入れが出来てなかった部分も意図を伝えて、あとは放置プレイ。

いっちー、飛鳥も合流して、長めの休憩をとったあと、いよいよ総力戦に。保留だった部分の動きをバッチリ決め込んだ。意味なんかないけど美しい汗。汗もかく。理屈じゃないよね。

青島青子の確信に迫るシーンを丸投げして、男子は外に出て、男子パートの稽古。なんじゃこりゃおもしろいと思う。面白い。どういうポジションなのかは、もう劇場で確認してもらうしかないですね。

最後やりたいところまでいけずにタイムアップ。

同じ施設で稽古をされていた2VS2の番匠さんから、サンガリアのラムネの大量差し入れ。ありがとうございます!むちゃくちゃ激励されちゃった。こちらも楽しみにしております!

雨の喫煙所。好きだ。どうしようもなくみっともなくて大好きだ。

明日もロング稽古。

あ!

グッズ作ります!オリジナル!

Tシャツとか鬼デザインですから!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする