ダンスリハ進行中。

ダンスリハ進行中。

こんにちわ。片岡自動車工業です。

無事に無事にチケット発売いたしまして! 発売初日からものすごい勢い(僕的に)でご予約を頂いております。有り難や。しかし、本当の事を言うと、一人ユニットになって間も無い身分、第二回公演でHEP HALLで6ステージだなんて無謀なんじゃないか、と思っていたところもあったり。そんなわけで全ステージ含めるとキャパは1000人くらいは御来場いただけますので、まだまだお席はご用意できます。

もしまだお悩みの方がいらっしゃいましたらお早めのご予約をお勧めいたします!
(と言う事を誇張なく言えるのはとても嬉しいのです)

本日はダンスリハ。viaのMIHO氏の出番がやってきた。むう!これはなかなかドSです。見応え抜群。しっかり演出の意図も汲んでくれていて、想像力が掻き立てられる。これまでで振付は3ナンバー終了。物語の連動性を損なわず、しっかりと色濃くそれぞれのパートがしっかり成り立っている。役者との合流が楽しみだ。
次回の振付担当はなんと正安寺悠造氏。総括自ら全体の骨格的なシーンに色をつけてもらう。楽しみだ。

映像の赤星さん、素材収録のワルタンさん、音響の大輔さん、美術の西本さんとそれぞれ連絡。色んなテクニカルが進み始めている。結局自分に出来るのは役者稽古だ。それだって手伝ってもらっている。全体の半分の段取りみたいなのがついたので、来週には全ての形が一旦付ききる事になる。そこから返し稽古と確認作業。芝居の稽古は実質ここからといっても過言ではない。

ダンスあり、殺陣あり、パフォーマンスあり、みたいな盛り込み形の演劇作品の多くは、肝心の芝居部分が機能しきっていないところにこそあるという最近の自分の結論で。その脆弱性をしっかり向き合った名作にしたい。ダンスもあるしパフォーマンスもそこそこにあるので、僕の作品をご覧になられたお客様にとっては懐かしい部分もあるかもしれませんが、パワーアップは確実にしている。

「名探偵青島青子 -劇場版-」は、駄作になっちゃうか、名作になるか、傑作を叩き出すか、最高傑作に登り詰めるか、うんっ、いつだって最新作が、過去最高傑作目指してるに決まってる。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする