ダンスリハ→役者稽古→チケット発売

ダンスリハ→役者稽古→チケット発売

こんにちわ。片岡自動車工業です。昨日の事ですが、
朝、梅田でダンスリハ。
昼、デスクワーク。
夜、役者稽古。
チケット発売。
と作品に首ったけの一日でした。いやはや。なかなかどうして。さすがに夜12時過ぎる頃にはヘロヘロになってしまって、自覚がなかったけど、ここのところの疲れが溜まっていたらしい。

●ダンスリハ
斉藤千秋氏振付のターンから鈴木麻衣子氏振付のターン。試行錯誤で色々試させてもらう。ダンサー陣の協力もあって、彼女らしいヒョウキンなナンバーが出来上がった。毎回、総括の正安寺氏に動画を送るんだけどその感想がユニークで面白い。ダンスリハでも笑い声が絶えない時間を共有出来ていてなんとなく手応えを感じている。
休憩中、鈴木麻衣子氏から「エンタメってなんすかねぇ」みたいな質問を受けたけど、「自分が面白いと思う形でしっかりおもてなし出来てればそれでいいんじゃない」みたいな結局定義もなにもない精神論で答えてしまった。まぁでも「おもてなし」の姿勢は間違ってないはず。

●役者稽古
Twitterでもよっしーが書いてくれていたけど、エンディングの稽古。心が通わなければ出来ないシーンからの流れの飽くまで段取りの稽古。どのタイミングでどう出てどう動くかって言う事から始まり、それぞれの役の着地点に相応しいシーン作りの土台を仕込んでみた。全体の段取りとしてはまだ中盤から後半の山場が残っているし、中身は全然出来ていないけど、前回に引き続き、まずは着地点の形を決めてみた。作り方の順番としては、きっと正しくはないと思うけど、エンタメって(いやなにがエンタメかわかんないけど)段取りに忙殺されて、殺陣のシーンに突入したら急に目つきがかわったり、気弱な役だった奴が殺陣するなりいきなり元気になったりダンスしたり、それ人格変わってるやんけ!みたいな芝居がやたらと多い。もはや面白いレベルでそういうのが標準になりつつあるので、そういう演技をする役者に激怒する演出家のコントが一本できあがりそうだ。やらないけど。

本日のハイライトは真壁愛が、主人公の青子が行った仕草に対して不意に見せた表情だった。

写真は、稽古終わった瞬間にチケット発売しましたよ!の図だそうです。なんか誰かが送ってくれました。

●そんなこんなでチケット発売。
この日は早めに稽古を切り上げて、発売に目掛けて備えた。誇張もなく言うんだけど初動からすごくチケットが伸びまして、たくさんのご予約を頂いております。だけどもHEP HALLで6ステージもあるのだから、まだまだ行けます。発売日から明けて一日、残り枚数が危ないステージも出て来そう。客寄せパンダのアイドルがいない座組(若干出演者陣に失礼)だけど、そこらへんのアイドルよりキラキラした芝居作りますんで、観に来て劇場で確かめて下さい。

CoRichからご予約の方は→コチラからご予約下さいませ。
鬼待ってます。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする