本チャン情宣用撮影。

本チャン情宣用撮影。

某片岡自動車工業スタジオにて、本チャン情宣用のスチールと素材の撮影が終了いたしまして。怒濤の二日間でした。どうも片岡自動車工業です。

昨年冬から始動していたビジュアルチームのスタッフワーク。第一回公演と同じく、お馴染みのカメラマン堀川さん、ヘアメイクKOMAKIさん、衣装植田さんに加えて、素材撮影でワルタンにも常駐していただきまして、出演者(主に女優)さんのスチールをドシドシ撮影。写真は、これは劇中で現れるかどうか全く不明のヘリコプター(一瀬尚代さん)。

あんまりねぇ。
ビジュアル解禁!とか、言えない性分なんですよ自分。いや、別に解禁でもいいんですが、それ以前に誰かが封印してたの?みたいな変な角度の疑問が頭をよぎっちゃって、スッといかない。アイドルでもないわけですし。それと同じように「満を持して」とかも言えない。臆病なだけなのかもしれませんけども。そんなへりくだったような性格なせいで大きく出れなかったりもしますが、いただいた2000枚にも及ぶ写真からの選定から始まって、デザインワークに突入。テーマは仮チラシの時と同じ感じで、「なんで格好つけとんねん」。バカで潔くて勢いのあるフライヤーを作りたい。

「名探偵青島青子 -劇場版-」は女優さんが中心になって回る構成の演目です。もしかしたら、真面目にしっかり芝居作ってる人が見ると「けしからん!」と怒られるかもしれない。でも怒られたっていい。やりたい事をやれるうちにしたい。

撮影にあたって、女優さんたちにガイド的な「今回演じて頂く役どころはこんな役です!」みたいな事を説明したんですが、誰もピンと来てなかったようでした。言語力の限界。果たして芝居になるのかどうか……。ギリギリのところで戦うマン。新作はいつだって未知との遭遇。

もし仮に片岡ワールドぉ!みたいなものがあるのなら、今回はそれが良くも悪くも大いに出る雰囲気であります。稽古日程を組みながら、執筆をしながら、デザインをしながら、助けてもらいながら、ちょっとずつ、だけど確実に進んでいる。どうせやるなら大きく出て死ぬ、くらいの気持ちですけど、じゃあ情報解禁!とか言ってもいいんじゃないの、と元の話に舞い戻ってしまいますが、それは舞台で観て欲しいし、オラオラ宣伝したいけど、「え、別にアイドルちゃいますよね?」みたいな自分の温度をしっかり確認しながら進んで行きたい。

一番痛いのは身内だけで盛り上がってるパターンだったりしますしね。パフォーマンスはほどほどに!

そんな御託を散々並べた後にこう書いて今回は閉める事にします。

情報解禁南無!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする