公演延期と新しいお知らせ。

公演延期と新しいお知らせ。

おはようございます。
元気ですか?
自分は健康です。

随分と久しぶりの記事になっちゃいました。ちゃんと書けるのだろうか。ここひと月でいくつかの記事を作ってみたのだけど、どれも生々しいというか痛々しいというか、鬱々とした内容になってしまって公開に踏み切れず下書きで保存してしまっていました。

世界中を不安と混沌に陥れている新型肺炎コロナウイルス感染症の恐ろしいところは、インフルエンザと似たような症状で、我々の判断を鈍らせてくるという事かもしれませんね。

昨年、初めて発足したRABBIT HEART PROJECTは出演者フルオーディションによる新作という事をテーマに今年も6月に公演を予定しておりましたが、公演の日程を延期とさせていただく運びとなりました。楽しみにしてくださっていた皆様、本当に申し訳ありません。

集まって、騒いで、作る。

それが演劇の基礎と基本で、その距離感に重きを置いて作ってきたものを、今の世界に合わせて、唐突には変化させられない不器用な演出である自分の力及ばなかった事や、出演者や関係者、そして何よりも観客の皆様を感染の危機に晒すような事態は避けるべきという責任者としての事実。表現者である自分は「やれる可能性」を探し、責任者の自分は「やらない理由」を数える日々でした。

世の中の主催の皆様、本当にお疲れ様です。大変ですね。大変ですよ。憎むべき相手すらいないただ怯えるだけのこんな未来が待ち受けているだなんて思いもよらなかったです。

今年の元旦には誰しもが「令和初のありがたぁい日の出やぁ」と昇ってくるお天道様を拝み、明るい未来を思い描いたのではないだろうか。あれからまだほんのひと季節、たったの3ヶ月ですよ。

自分の身の周りに起こる危機、或いは自分自身の判断次第でどうにかなる問題が発生した時に、しっかりと自分を見失わないように、「大抵の事は宇宙から見たらどうでもいい事」と心で唱えて、これまでのなんだかんだは半笑いで乗り越えて来れた気もします。もちろん誰かの助けがあってこそ乗り越えられた事ばかりですけど。しかし、今回中断せざるをえなくさせた案件は宇宙規模で考えても「どうでもいい事」ではないだろうし、表現者以外のたくさんの人々が「それどころ」じゃなくなってしまっていますね。

ハッキリ言って持ち堪える事ができるのだろうか。ほとんど金銭的な面で。気力はさ、十分に溜めているし、これまでもこれからも消えることのないハートは震えてるんだけれども。これを機に立ち直る事が出来ない団体や表現者も出るだろう。人事のように書いているけど明日は我が身かもしれない、と思っていた6月公演がまさに我が身に降り注いだ訳で。その先のスケジュールも他ジャンルに渡り軒並み延期か中止となりました。無念以外の何者でもありません。

RABBIT HEART PROJECT
「ファンタジーのつくりかた」
※公演延期

今回の公演のためにオーディションを開催し、スチール撮影を済ませ、本も書き進め、さぁこれからという時の決断でした。これはしっかりとフライヤーにして公演を実現するためにアップしておきたい希望的な画像です。「ファンタジーのつくりかた」は、自分の身の周りの起きる事を、自分の愛する家族や親しい人たちをモデルにした等身大のファンタジー作品にする予定です。(勝手に)モデルになった人たちに、ちゃんと捧げられるうちに打ちたい公演です。笑顔の女性が三人いますけども、そんな彼女たちが主軸になったお話。詳しくはまた、きっと世界と人類と生命と木々や花たちが元気になった頃に。きっときっと。

BANZAI FILMS
「労働オブザ輪廻シーズン2」
※撮影延期

久しぶりにBANZAI FILMSさんの作品にがっつり参加できる機会ですでにロケでの撮影も何度も進んでいましたが、これも撮影は延期となりました。舞台はわぁと作ってわぁと公演出来るから良いけど、途中まで撮影している映像作品はどうなんだろうか。例えば1年後、同じお肌の潤いを保てているだろうか。自分はこの作品の為に金髪になったんだけど、再開する頃に禿げ上がっていたらどうしよう。まぁ良いか。禿げるかどうかなんて、それこそ宇宙から見たらどうでも良いし。

大変になる少し前、作品の内容に関して主要であるメンバーとディスカッションの時間を設けたところだったので、楽しみが増しているところでした。カタチにしたいなぁ。

アオバFESTIVAL2020
片岡自動車工業で参加
※公演延期

片岡自動車工業としては初となる演劇祭への参加だったのですが、こちらも延期となりました。運営の皆様の丁寧な対応に感謝が尽きません。でもこのイベントでも新作をするつもりだったので、この機にブラッシュアップしたいなぁと思っています。どうぞお楽しみに。

圧倒的な春がやってきて、桜は今年も美しく咲き乱れていて、だけど桜祭りやお花見も自粛ムードで潰えてしまいましたね。2020年に咲いている桜は他のどの年よりも美しい桜ですよ。家族でマスクをして行ってきました。

最後になりましたが、実はこんな事をします。

袋小路林檎 配信ひとり芝居

「ダム部のアイちゃん」

4/26 13:00より開始。

pocochaという配信アプリを使った自宅一人芝居の配信。
脚本と演出をします。と言っても脚本は昔に書いた作品で、実は昨年末、ドラマシティ公演「スーパーソニックジェット赤子」に登場した河上由佳さん演じるアイちゃんの完全ひとり芝居です。

ものすごい速度で世界が滅亡してゆくぶっ飛んだお話ですが、シニカルな作品なので、ふふふと鼻で笑いながら見てもらえるはずです。20分くらいの上演時間を予定しております。もちろん無料公開ですので是非ご覧くださいませ。アイキャッチサムネイルの画像も作りました。環境があるならとことんまで利用してやってみるし、ひとり芝居は集団で取り組むべき芝居のそれとは違い、演者が密集する事がありません。文字通り一人なので。

なんでもやってみなくちゃわかんないし、これがなんらかのモデルケースになれば良いなぁとも思っています。

是非お楽しみに!
まだまだ出来ることはたくさんあるので、実はいろんな人と連携を取っています。ご興味ある方がいらっしゃれば是非ご連絡くださいませ。

目を凝らして、地面を確かめて、ちゃんと進もう未来へ。

お便りやメッセージをくださった方、本当にありがとうございます。とても励まされております!
公演形態でのお礼できるのがまだ先になるかもしれませんが、お待ちいただければ幸いです。

また書きます。ちょこちょこ遊びにきてくださいね。

区切り線

スーパーソニックジェット赤子
片岡自動車工業

シェアする