執筆と準備と発表と連絡。

執筆と準備と発表と連絡。

何年か越し、越しっていうか、はじめてなんだった。サキさんと二人で飲んだのは。
どうも寒暖差に負けずに心はハートウォーミング、片岡自動車工業です。

サキさんと積もりに積もったお話。サキさんお勧めのお店に連れて行ってもらいました。普段できない話なんか山盛りで来て、一回だけじゃ話しきれなかった感も否めない。とにかく色んなところでお世話になったサキさんとのお話に花が咲きました。また是非ご一緒に!とさよならを告げてテクテク歩きました。ありがたや!

先日は、去年一緒に一人芝居に挑んだ吉田青弘君と二人で、「名探偵青島青子」の読み合わせを致しました。まだ完本はしてないけど、出来てるとこまで二人で十数人の役を回して、ヘロヘロになりました。主観は主観でしっかり持ってるけど、弱点は客観性の薄さ。ここは意地をはらずに素直にお願いして吉田青弘君の大きな胸をお借りしたというわけです。

読んでみて、色々挑戦的なところが、挑戦ではなくただの無謀だったりもしてそういったトラブルシューティングをして、まぁ見た事無い芝居を作りたいんだから衝撃的ではあるけど、不親切はいかんよなぁと思って、良き塩梅を探しています。吉田君の貴重な意見も充分に反映したものが出来れば良いなと思って、ここへきてわりと大きく修正している次第です。全てのシーンが二通りあるのでページ数がえげつないことになっていますが、どのルートを選んでもしっかり土台には繋がるんだから、今は気にせず突き進もう。
チャーハン・ラモーン氏ともお話が出来ました。僕は独学のなんちゃってデザイナーですが、デザイナーあるあるなお話なんかで盛り上がれて嬉しかった。「足場の上のゴースト」のチラシを作ってくれたのもチャーハン・ラモーン氏でですね。これですね。

作品を見た後にもう一度眺めると、印象が大きく変わる深いデザインだなー流石だなーって思う僕。そういうの作りたいですよね。やっぱ。先輩が昔「演劇の告知チラシってなんでイメージショットが多いんやろう。意図してイメージショットにしてるチラシと、そうでないチラシは全然違う。チラシに惹かれて劇場で作品みたら全然違うやんっていうチラシは、どうかと思う」と仰っていて、それは本当にそうだな、と思いながら身も引き締まる思いでした。

「足場の上のゴースト」の振り返りはまた改めて書きたいなぁと思いますが、スタッフワークも抜群だったPM/飛ぶ教室さんだったような気持ちでいっぱいです。

なにより、最近よく見かけるパフォーマンスや殺陣に頼らない人の心をガッツリ描いた作品って演劇そのもので勝負してる感じがあって、懐かしさや潔さやクールさを感じるばかりでした。まぁ、ところで「名探偵青島青子 -劇場版-」はパフォーマンスやダンスしますけどね!

僕はホラ、もうそういう事も今回やりたい事だったりしますし。
なんか散逸な日記になっちゃったな。また書きます。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする