稽古20日目。

稽古20日目。

19時から22時までの稽古。20日目。

稽古場の二階ではチームサポートメンバーが小道具をどんどん作ってくれていて、ぼくは稽古に集中させてもらっている。本当に感謝が尽きない。ハイクオリティかつ大きなサイズのものがバンバン出来上がってくる。素晴らしい!

ヒロちゃんが担当してくれているパネルは劇中のクライマックスでかなり長時間出っぱなし。ミキティが担当してくれている小道具は、ほとんど衣装。あちこちでいろんな人が運び続ける大事なキーアイテム。秋穂ちゃんが担当してくれているのはオープニングでなくてはならないインパクト大の超重要アイテム。稽古の合間で「玲ちゃんフィッティング」と言って頭のサイズや肩のサイズを測る時間を設けさせてもらいました。デカくて得体の知れないモノが出てきたらそれは間違いなく堀内玲ちゃんのアクトです。

作品は前半と後半、大きく二つに別れていて、前半はどんどん赤子と愛犬スパークが全ての人たちと出会っていく物語。後半は赤子とスパークのために世界中バラバラに点在していた登場人物たちが一か所に集まる物語。ネタバレしても全然ヘッチャラなくらいリズミカルに進んでいく。展開がわかっていても十分に楽しめる強度がある作品でもあると思っています。

ここで丹下ちゃんのエンジンがかかり始めて来た。薫ちゃんも演出の注文をすぐに体現しようとしてくれるほどに芯が通っている。通し前だけどすでにどこを見ても面白い人たちばかりだ。

やっぱりこの作品は女優がキラキラしているのが大きな特徴なので、汗をかいて走り回っている体育会系の演劇をどうぞお楽しみにしていて下さい!

後半のクライマックスに差し掛かる前の超大変なチェイスシーンをしっかり作り上げていく。そういうアイドリングシーンと、ギアがかかるシーンの丁度間にある文節点のようなシーンはテクニカル的にも大変なんだけど、そこをチーム力で補強していく。あわさんのポジション取りや振る舞いに全くノイズを感じないシーン、前に出る時はドンと前に出る、どこにいてもプレイに淀みがない素晴らしい女優さんがポンといて、そこに誘発されるようにピンと来ながら配置や構図が完成していく。距離感を想像しながらどんどん本番仕様にしていきたい。

まだまだ空席があるドラマシティ。一人でも多くのお客様に当日足を運んでいただけるようにと、林檎さんがライブ配信を始めてくれた。稽古前の準備時間を利用して。毎日すると言ってくれているんだけど、大変じゃないのか?でも見てくれる人がたくさんいらっしゃってすごかった! 画像は突貫で作ったライブ配信用のものです。これを作ったからしなくちゃいけなくなった感もちょっとあるかも知れない。ないかも知れない。ちょっとわからない。これからも登場しますのでどうぞよろしくお願いします。

【本日のハイライト】
明かりに入るキッカケがてんこ盛りな上、単独行動が多くでとちりがちな部分なんだけど稽古からミスがない畠山薫ちゃん。「本編史上で最もドSな役作りで!」「ここはなんか落ち着いて」「シェネして出てきて」とつけた注文が堅実に行われる。ミスなく堅実に登退場をしっかり出来るのは実力がある証拠だ。そこには台詞こそないけど、かなりの緊張感が生じている。彼女はこの作品のサイレントヒロインなのかも知れない。

明日は通し。片岡自動車工業という尼崎からついに飛び出します。ダンサーさんも合流するし楽しみです!自分も頑張らなくちゃ!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする