稽古15日目。

稽古15日目。

稽古でした。こんばんわ。

スーパーソニックジェット赤子はついに返し稽古を重ねる段階に。ここからのジャンプアップは演出の腕だけではもうどうしようもなくて、手段としては「待つ」という選択肢でやり過ごすしかない時期なんだけれども、美津乃あわさんの打診で何歩も前進した。さすが大先輩でありドラマシティに立った事のあるお方です。

そう言えば思い出されるのは「ゼクシーナンシーモーニングララバイ」に出演していただいた宮川サキさんも、稽古で行き詰まりそうな時には決まって天啓のような一言をくれました。先輩はいつまでもどこまでもすごいなぁと感じさせられるばかりです。尊敬できる先輩ばかりではないけど、尊敬できる先輩はたくさんいる。手本になる人はどこまでも見習いたい。

カンパニーとして熟成されてなくては生まれない熱量もあって「スーパーソニックジェット赤子」は出演者がほとんど出ずっぱり、ベテランも新人も無差別スタイルのバトルロイヤル方式。

最近ではなかなか見かけなくなった作品の肝の部分。もっと骨の軋みを読み取るくらいの最新の注意を払って作品と向き合いたい。

チケットはまだまだ発売中。お待ちしております!

「観にいけないけど応援してる」もありがたいけど「応援するなら観に来てください」と。告知はずっとずっと前からしていて、「仕事が」「お金が」と人を忙しくしたり貧しくする言葉が飛び交う。そんな事の何倍も何倍もファンタスティックなものを劇場でしか観られないものをお届けする所存。

チームサポートのみんなが本当によくやってくれていて、ずっと作業を続けてくれる。「稽古を一緒にしようぜ」と言いたいけど「小道具もひと段落させなくちゃ」の部分に取り掛かってくれている。彼女たちの意気込みや気持ちにしっかり答えるべく最高の作品に仕上げたい。

【本日のハイライト】

出来上がったばかりのPVを見て「泣きそうになったわ」と笑顔で仰ってくれた赤星さんに、全員で「ですよねぇ」となったあたり。シーンの綱渡りも始めたいし、そろそろ通しの足音も聞こえてきた。目指せ100分以内。髪も伸びてきた。

区切り線

スーパーソニックジェット赤子
片岡自動車工業

シェアする