稽古12日目。

稽古12日目。

ついにやってきた。役者とダンサーズの合同リハーサル。舞台は所狭しとダンサーや役者が暴れ回る形式の作品、それがスーパーソニックジェット赤子。

衣装の植田さんにも来ていただき、ダンサーズ衣装をフィッティング。これまでの植田さんにはなかったアダルトなテイストがふんだんに盛り込まれていてまるでファッションショーのようでした。ダンサーさん6名みなさんスタイルも抜群なので着こなしも最高。写真は統括をしてくれているMIHOちゃん。

いよいよクライマックスの立ち位置などに当たりかなり入念に整理整頓。限られた時間で効率よくする事と、とことんまで拘る部分と、その行ったり来たり。そこに妥協という選択肢はない。

本日は、片岡自動車工業に初出演いただく美津乃あわさんが合流!
いきなり面白いってどういう事なのか。でもせっかく来ていただいたのであわさんにまつわる部分もサクサクとギュウギュウに詰め込みました。

あわさんと共演できる事も、出てもらえる事も、一緒にドラマシティに行ける事もクールで格好良い。先輩に当たるあわさんの胸をお借りするだけでなく、ちゃんと演出面でもわがままを通して片岡自動車工業に出演されるあわさんの面白さを目指したいなと思います。

稽古前。
真壁ちゃんと林檎さんが少し早めに来て自主練。勝手にやっているところに、ああだこうだと入り込みディスカッションになだれ込む。大人数が一気に出演する今回のような作品ではこう言ったささやかな時間が本当に大事。
「青島青子」の稽古でも主演のいっちーと二人きりで稽古時間とは別時間で稽古をした。後々、その時間が物語を大きく昇格させた。それくらい濃密で、芯を喰らった稽古になったりもするものです。

稽古と同時進行でチームサポートが今日も頑張ってくれた。
いぶちゃん、秋穂ちゃん、南ちゃん、ミキティ、ヒロちゃんと5人も来てくれた。後二人、りなちゃんとふゆちゃんが来てくれる。

七人の頼れるスーパーサポートチームだ。虹色に輝いている!
大量に運び込まれる段ボールとずっと格闘し続けてくれたり、持ち帰って小道具を完成させてくれたりと、手が回らないところを完全にカバーしてくれている。みんな、観に来てくれる時、差し入れや見舞いを考えてくれる人がいるなら、ぼくの分は必要ないから、彼女たちへのメッセージ等を用意してくれたら嬉しいです。

【本日のハイライト】
前回、遠回しに演出をした河上さんがたった一夜で変貌し始めていた。
「バカな奴の演技をしてほしい」ならいざ知らず「バカになって」と言うようなオーダーにノークッションで応える瞬発力と肝の座り方は流石だった。河上さんの演じる役史上、最も掴み所のない役にしたいなぁ!

区切り線

スーパーソニックジェット赤子
片岡自動車工業

シェアする