赤子以外の事を書いた記事。

赤子以外の事を書いた記事。

こんばんわ。稽古がお休みでも頭の中やパソコンの容量のほとんどは赤子でいっぱい。毎度毎度の事なんだけども未知との遭遇ばかりでてんやわんや。

先輩方はこんな境遇といつも戦い続けてきてまだまだ先に居てらっしゃるのかと考えるとあれこれと思うところが出てくる。すごいや。
とにかく片岡自動車工業はまだ4度目の公演興行だけどその4回とも挑戦の連続です。個人プレイをしていると、時にはどこに向かってファイティングポーズを取っているのかわからなくなる。面白い芝居だけを作ってるだけでは何もかもが足りなくて勉強の毎日。劇団時代は楽させてもらってたんだなぁとか、集団って大事よねぇとか、でも今だから出来る事を好き勝手にやって朽ちてもいいんじゃないかとも思ったり。

星空や青い空をじっと見る時間を設ける余裕がなくなると、呼吸も浅くなっていたりして、柔軟な考えもできずに、まるで夏休みまるまる遊び続けて、最終日に山積みになった宿題を前に呆然と立ち尽くす小学生のような気持ちにもなったりする。それくらい手が頭が回らなかったりもする。←日記は書く。

そういえば去年の弐本立て新作公演の時もそうだったなぁとか思いつつ、前進するために必要なことの苦手なものは割克服してきたつもりでもまだまだあった。

春を思い出してみた。まだ今年の話。

出石に行ってちょうど桜祭りをしていて、父と母が桜に手を伸ばしているところを写真に撮った。家族で遠出は久しぶりだったしなんだかんだで笑顔の絶えない遠出に楽しかった記憶。

深呼吸をしっかりして、嘘のないタイミングと、普通じゃないテンションで、鼻歌まじりで2019年を駆け抜けたい。まだまだ旅は終わらない。

コーヒーは毎日飲んでいる。最近はSCANCHを良く聞く。部屋の片隅から、昔死ぬほど聞き倒したSCANCHの「ヒステリックグラマー」と言うアルバムが傷だらけで出てきた。ディスクは綺麗なまま。ローリー寺西の声が心をHAPPYにしてくれる。音楽からもらってる元気もたくさん、たくさんありますなぁ。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする