ゼクシーナンシーモーニングララバイDVD発送。

ゼクシーナンシーモーニングララバイDVD発送。

お待たせしました。片岡自動車工業マンです。

第一回公演「ゼクシーナンシーモーニングララバイ」のDVDが完成いたしまして。取り急ぎご予約頂いたお客様に発送いたしました。今日か明日には到着するかと思います。随分長らくお待たせいたしました。お詫びといっては何ですが物凄い特典映像を用意させていただきました。そのせいで二枚組になっちゃったわけですが。

ジャケットデザインとディスクデザイン。色々悩んだけど、やっぱナンシーじゃないとなって感じでフライヤーが二種類あったけどピンクのほうをチョイス。ディスクは開けてのお楽しみに。ホントにお待たせいたしました!

舞台裏でのあれこれだったり、スチール撮影での模様も入ってるし、本編ディスクには副音声で、米山真理さん、加藤智之さん、上原日呂さん、吉田青弘さん、丹下真寿美さんにもお越し頂いて、結構深い部分まで喋っております。二回でも三回でも楽しんでご覧頂けるはず。在庫もたくさんありますので、お気軽にお問い合わせください!

販売価格は3500円。

PM/飛ぶ教室「足場の上のゴースト」。
稽古も佳境。昨日は劇場でもあるAI・HALLさんで実寸稽古でした。足場というだけあって、実寸のちゃんとしたところがまだわからないのですが、それでも劇場でのピリッとした空気の中で稽古が出来るのは有り難い事でありまして。

僕が頂いている吾助という役は、わりと掴みどころのないような役で、再々演となる今回、初めて挑戦させてもらう自分としては、これまでに吾助を演じられた方がどのようにされていたのか、とても気になって仕方がないのですが、それもまた楽しみの一つだなと思いながら挑戦させてもらってます。稽古中や稽古終わりに、相方役のや乃さんが色々とディスカッションの時間をとってくれている。ありがたい。や乃さんは緻密な演技構成で正確にポイントを抑えるのに、暴れるところはしっかり暴れて、なんちゅー俳優さんなんや!?と思わされてばっかりだ。

あれです。力技で誤摩化すみたいな事なんて一瞬で見透かされます。

乾坤一擲、今週末は伊丹にそびえ立つ足場で自分も暴れ回るべく、今はまだ、しっかり作品にくらいついていこうと思います。まだ時間はありますし!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする