淡い経験。

淡い経験。

こんばんわ。一気に北風が吹き荒れる夜が続きますね。片岡自動車工業マンです。

PM/飛ぶ教室「足場の上のゴースト」、通し稽古でした。ランタイムは二時間を切ったくらいだそうな。まだ短くなるとの事。通しで見える景色も多くて収穫と反省がたくさん。色々処理出来るように反復したりホンめくったり、行ったり来たり。

夜。芝居の参考になるかもと思い車を走らせて兼ねてより気になっていた某所へ。

足場が組まれた建設中の、夜の巨大な建造物をしばらく眺めた。風もあったせいでとても恐ろしかったんだけど、この光景をある程度目に焼き付けておくのとそうでないのとでは、かなり違うかもしれない。ゆっくり風に吹かれながら色々考えた。

ところでそう言えば僕は、工場マニアに近いくらい巨大な建造物や廃墟みたいなものに興味があるようで、久しぶりに足を伸ばして現地に来たこともあってテンションが上がって血が沸騰しそうになった。工場萌えですね工場萌え。かっこいい。恐怖と背中合わせな感じもクールでいい。嗚呼。クールとか言うようになったのか自分も。

こちらは大正区にある橋。船着き場の怪しい感じが艶かしい。深夜の作業灯も相まって、まるで何かに演出されているかのよう。たまには趣味みたいなのを剥き出しにするのも悪くない。

さて。色んな荷物を持って、「足場の上のゴースト」稽古、いよいよ佳境。
出来る事はまだまだある。迸って行きたい。

LOVE。