すきま風。

すきま風。

誰に向けてでもなく手記として書く事もあるのでご容赦下さい。どうも片岡自動車工業マンです。稽古場への道、高いビルとビルの間に吹き荒むすきま風が凍てつく。

PM/飛ぶ教室「足場の上のゴースト」稽古。

有り体に言えば、重箱の隅を突くようで蟷螂さんの演出が細かい。前回、PM/飛ぶ教室さんに出演させていただいた時は、新作だったこともあるのかもしれない。今回は名作中の名作「足場の上のゴースト」で、すでに存在する吾助という役を頂いている。吾助のイメージを自分の中に通すのに、なかなかうまく立ち回れずにや乃さんにアドバイスをもらいながら、前進しています。もちろん停滞はしてないんだけど、歩みの鈍い自分にもやきもきするけど、焦るとロクな事がないので鈍感力も必要かな。ゆっくり急ぐ、そんな感じだ。

ただ細かい返し稽古の中でトライアンドエラーの繰り返しの中でハッとする瞬間は増えて来ている。慢心せずに色々見落としも多いのでまだまだエラーを続けたい。終盤の某シーンの稽古をした時には、目頭が熱くなるような事もあった。共演者の皆さんの気持ちに充てられている部分が多分にあるんだろうけど、それでもここが僕が解釈するところのクライマックスであり、またそこまでの過程を大切にしなくちゃいかんのだな、と役者なら当たり前の事に気付いたりもして、それはもはや遅いのか早いのか判断しかねる。

たまに蟷螂さんに質問すると「はぁア!?」と言うリアクションが返って来る。
尼崎の人だなぁと思って、ちょっとニヤっとしてしまう。

「名探偵青島青子-劇場版」の件

デスクワーク!デスクワーク!
台本が進んでいる。たぶん上演するにあたってこのシーンは必要ないだろうっていう事も書いている。サカサマに書いている事もある。これはしかしどうなんだ。タイトルの「名探偵」から想像されるであろう事はサスペンス。もちろんサスペンスは好きだし、サスペンスを意識しているんだけど。そういえば僕は謎解きみたいな過程にこそ興味があって、そこに至るまでのハラハラドキドキ感こそサスペンスの魅力だと勝手に思い込んでいる節があるようで、いざ謎解きが始まった時、どうしても閉塞感を感じざるを得ない性格だった。そんなわけでわりと早い段階でサスペンス的要素は置き去りになりそうな感じだけど、その分、面白いと思う事をふんだんに盛り込んでいる。是非お楽しみにしていただきたいです。

片岡自動車工業 名探偵 青島青子

画像は現在、挟み込みさせていただいている第一弾というか仮フライヤーで、2月の中旬くらいからホンチャンのやつが出来上がる見込みです。その手配や段取りの連絡で四苦八苦しているけど、メインビジュアルみたいなものが、舞台でお届けできる形により近いようなデザインワークもしたいという、これまた勝手なスローガンもあって、力を入れている。

公演の多い5月ですが、是非HEP HALLに片岡自動車工業の芝居を観に行きたいな、という気持ちになるように、盛り上げて参ります!

では!
筆マメ野郎はまた書きます。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする