IDentity。

IDentity。

空白からデザインや物語を興す日々、片岡です。
最近はもっぱら「IDentity」のリハで難波や心斎橋に通っています。御堂筋線はものすごい人でいっぱいで電車に乗るまでの過程ですでに滅入りそう。4時間くらいのリハのコマを役者二人でしこたまやったりしてます。ゼェハァ言いながら全体の骨格と向き合いながら芝居にあるダンスシーンではなく、ダンスにある芝居シーンの構築の日々。熱量と気迫で密度を上げていく作業。何しろ、今年自分がたつ舞台は2つ。「IDentity」と自分のところのドラマシティ公演だ。どっちも未曾有の客席数で仰け反りそうだが、自分自身が今そう言う時期に差し掛かっているのだから初体験との遭遇をポジティブに受け止めながら進んでいる。

9月には自分のところの公演の色んなことが開始する。本当にたくさんの人に見に来て欲しい。10月の岸和田と12月の梅田。

余談ですがスマホが新しくなりました。もう家出て30分で充電10%とかになってるくらい限界になってましたしね。さらに、うまく引き継ぎが出来なかったせいでラインのローク履歴が全部消えちゃった。連絡が取れなくなったらどうしよう。しかしスマホはもう最近のやつはPCかそれ以上くらいの金額がするので慄く。大事に使おう。

そして片岡自動車工業のこのサイトもしっかりデザインリニューアルしたり過去舞台作品の写真を上げたりしたいんだけど、手が回らず。やりたいなと気が回るところまでは行くも、頭も回らず。

ジョブスも言ってる。
人間一日にできる判断の回数には限度があると。あれやって、これやって、今日この服きて、って選択の連続。切り替えも含め、やるべきこと、後回しにすべきこと。これまでに出来なかったことを出来るようになる為には、具体的な発想と努力が必要だ。今までと一緒でいいなんてことは、自分の創作において一切ないしな。勝負勝負。勝ち負けじゃないとか言う人いるけど、結構ミニマムなところで、或いは自分自身との勝ち負けの連続じゃないっすか人間。じゃないとワクワク出来ないしね。

最近ワクワクする芝居の宣伝、めっきり減っちゃったなぁ。
学ぶべきが反面教師だけって言うのもかなり辛い。もちろん面白いところもたくさんあるんだけどね。良いところを見つけられるようになればいいっすね。

さあ今日もリハ。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする