章タイトル。

章タイトル。

今は「THE 20回転の恋」の超佳境の時期。なんたって来週の今頃は初日の幕が開いているんだから。残す稽古は4回。ここのところ追い込みまくっているのだけど、昨日の稽古は手応えがあった。これまでに演出席で手応えを感じる事は幾度もあったけど、今回の手応えは「舞台上でみんなが手応えを感じている」という確かな手応えがあった。なかなかお目にかかれない瞬間だったなぁとしみじみ。

そして今回3ヶ月以上もかけて稽古に勤しんできたメンバーだからこそ掴めた手応えだった。最初のうちに「今回のメンバーで上演できるのは7月の千秋楽まで。だからそれまではどうかみんなで夢中になろう」と言った。いっぱい脇道にも突っ込んだり迷子にもなったりしたけど、今全員が夢中になっている「THE 20回転の恋」。まだまだ満足すべき段階ではないけれど、演出冥利に尽きる事この上なし。悪い自分は「どないやねん!他の芝居で他の座組でここまで上がってこれるんかい!」みたいな意地悪な物言いをして、良い自分は「みんながフォローしあって走り続けたから、まだもうちょっとだけ先を目指そう」ってなってます。複雑な頭の中。演劇関係者からの予約がほとんどないけど、もうすぐ全ステージ満席になるかもしれない。これはかなりの僥倖だと思う。

今回のシナリオは全部で20のシーンで構成されています。20回転の恋なだけに。だから稽古では「●●回転やりまーす」っていうとみんなが反応してくれる。共通言語。で、もう一つ、片岡自動車工業で公演を打ちはじめてから、脚本に章タイトルをいつも載せています。遊び心のある章タイトルだったり、物語の確信に迫る章タイトルだったりマチマチなんですけど、あ、「お局ちゃん御用心!」の時には全章タイトルは映像で打ってましたね。

「大奥の決まり事」「家紋」とか。まぁそういうのがね「THE 20回転の恋」にもあるんですけど今回は結構それがキーポイントにもなっていて、当日1000円で販売の豪華パンフレットには実は全ての章タイトルが記載されているコーナーもありますので、是非読んでもらえたら嬉しいなと思います。

この写真、かなり初期のやつなんだけど、もう大昔に感じる。それだけ密度ある稽古期間を過ごせたという証なんだと思います。まだ油断はできないけど、ここまで誰一人欠ける事なく一緒に走り続けて来られて本当に嬉しい。

そして誰一人として成長していない人がいない。みんな顔つきから何から全部アップグレードされています。稽古するたびにハリが、緊張感が、眼差しが、増してゆく。楽しいだけじゃなくて、出来なかった事がどんどん出来るようになってきていて、本当に幕が開くのが楽しみなんですよ。珍しい。普通は怖かったりするんですけどね。在り来たりな言葉ですけど、このメンバーに集まってもらえて自分はとても嬉しいです。今回のこの企画、一番びびっていたのは自分で、そして一番勉強させてもらっているのもまた自分です。

あと一週間。世界のポジティブとネガティブのバランスをひっくり返していきたい。そして、壮大でもなんでもない、どこにでもありそうな小さな物語だけど、ここでしか起こり得ない舞台をお見舞いしてやるんだから。

余談ですが、この「THE 20回転の恋」という演目は自分の過去作品の「ゼクシーナンシーモーニングララバイ」「S現実」「何億年先でも」と同じ街を題材に巻き起こる別のお話です。どうぞお楽しみに。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする