人それぞれのPV。

人それぞれのPV。

RABBIT HEART PROJECT「THE 20回転の恋」の新PVが出来上がりました。片岡自動車工業の旗揚げから現在に至るまでずっとPVを手がけてくれているワルタン氏によるものです。BANZAI FILMSさんに用意していただいたPVとは打って変わって実写が一度も出てこない。

この動画の素材は自分が投げたんだけどアニメーションやイメージはほとんど説明なしにいつも作ってくれています。当てずっぽうと言えば当てずっぽうなんだけども、芝居の告知ってどれも当てずっぽうじゃないですか。でも実は今回のPV、ワルタンの想像力が物語の芯を喰らっていて作品のイメージにドンピシャだったので驚いています。この映像内で出てくる事が物語本編に詰め込まれています。

作品について、ここでもう一度しっかりと書いておこうかなとも思います。

「THE 20回転の恋」は新作ですが構想はかなり前からあって、物語と登場人物はすでに頭の中で完成していました。あとは脚本のスタイルと演出方法の問題なんですけど、これも今かなりハマっていて、昨日のスタッフ稽古兼ドレスリハーサルでは、胸を鷲掴みにされたような感覚と、「やっとここまで来たか」という思いが入り混じる複雑なものでした。でも胸を張ってお届けできる内容になってきています!

舞台監督には同じ年で髪の毛がフサフサのHigeさん。実は自分の単体公演で舞台監督をお願いするのは初めての事ですが、気ままにやらせてもらっていますし何より安心感があります。
照明の海老澤さんは、劇団時代はレギュラーでお願いしていた照明さんで久しぶりにタッグを組んでいて、打ち合わせも久しぶりでお互いにそこそこの経験を積んだんでしょみたいな懐かしい感じと意思疎通がなされているところに甘えない、伝達をしっかりしあう間柄。照明はイメージを伝えるのが本当に難しいので海老澤さんだと、一つ一つを丁寧に明確にしていく部分もあり、とても助かります。劇場入って「全然違うじゃねぇか」ってなっても後の祭りですしね。
音響の八木さんは初めまして。本当に初めまして。実は打ち合わせもこれからする感じですが、音に関してはどっちかっていうとハッキリしているので、提案をたくさんしてくださる八木さんがとてもありがたい存在です。あと何より癒し系ですしね。

ワルタン氏しかり、BANZAI FILMSさんしかり、大江さんや真壁ちゃんももちろんそうですが、自分の周りにはこんなに頼もしい人たちがいるんだと痛感させられます。そんなスタッフワーク抜群の現場に初舞台の子も混ぜ混ぜで24人。大所帯なので全員が舞台上に出るシーンはもうすごい人口密度ですが、どのシーンもお気に入りです。是非劇場で生まれる瞬間を見届けてください!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする