新作。

新作。

2019年の自分が書いた新作の脚本は、寄稿本「恋する銀河系」、そして今回の「THE 20回転の恋」、来月に控えた「人生はミラーボール!!」、10月のダンス公演での「IDentity」、それからもう一本、短編ではあるものの現在執筆中。締め切りに間に合わせるために頭脳フル回転です。

短編が得意だと自覚しているんですが、「THE 20回転の恋」はしっかりした一本の物語。頭の中で計算するもかなりのトライアンドエラーを繰り返してエンドマークを打つところまで辿り着きました。ここから先は入稿や打ち合わせの雨霰。通しもする。

劇団時代の反省点は、新作の場合、作家がエンドマークを付けてから劇場を抑える、と言うところまでの行動が出来なかった事。結果「あと一週間、いや、3日あれば」みたいな事を心の中で思いながら滑り込むように初日の幕を開けたことばかりでした。いや、これは何も自分が代表をしていた劇団のみに限らず、その前にいた大人数の劇団でも同じでした。それってやっぱあんまり良くない事だ、と自分は思っていて。まぁ今は一人ですし、そこらへんは準備さえすればちゃんと完本するんだから、、今までは作品の精度をそう言う準備不足のせいで下げてしまったのが一番ストレスだったんだなぁと自覚している。

面白くするためには、とことんまでやる。
後になってから「もっと出来たはず」と後悔するよりも「やりすぎたなぁ」ってくらいの後悔の方が、同じ反省にしても今後の糧となるんじゃないかな、と思います。

やりきる。割と大事。

さあ、今日もRABBIT HEART PROJECTの稽古。今日は大事な日。明日はもっと大事な日。明後日なもっともっと大事な日で、その次は超大事な日。

毎日がエブリディ!