「Wall」千秋楽終了。

「Wall」千秋楽終了。

5月から稽古が始まったTEAM54「Wall」、大阪千秋楽が終了いたしました。本当にたくさんのご来場ありがとうございました。役者のみに専念させて頂いた公演は劇団925「福喜多さんちの三兄弟〜最終回〜」以来の事でした。

刑務所でチアリーディング組体操をすると言うサディスティックな作品。毎回開演前にはただならぬ緊張が走りました。ただでさえハケない役どころな上、クライマックスの組体操はもう気合いで何とかなるレベルでもなく、個人技でもなく、全員一丸となって毎回新鮮に挑みました。本番中にもう一回開演するみたいな感覚。この歳で「本当に終演できるか未定」と言う性質の作品に出演できたことはとても大きな経験となりました。おかげさまで、成功率の低かった技の数々も全ての公演で成功。ラストの「プリズンタワー」と呼ばれる七人掛かりの大技も全公演で幕を降ろす事が出来ました。またこのあたりに関しては後日、日記で振り返りながら上げたいなぁと思います。

超久しぶりのABC HALLにて出演者勢揃いでパシャリ。改めてこの座組に寄せていただけて幸せだったなぁと思います。劇中では衣装である囚人服が上からどんどん汗で変色していって終演時にはびっちゃんこになってましたが、全員がそう。囚人メンバーはその平均年齢からは想像できないほどの体力を消耗しておりましたが、面白いもの、迫力のあるもの、少しでも楽しんでいただけるものに、飽くなき精神で挑んだ心の底から誇れる良い公演でした。

広島、東京、大阪と三都市公演、旅ができたのも嬉しかった。広島初日から大阪千秋楽までの変化は大きかったんじゃないかなぁと思いますが、舞台はナマモノ。化け物も住んでいて神様もいらっしゃる神聖な場所でした。やっぱ役者楽しいよなぁ。

では!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする