伊豆丸と言う役との出会い。

伊豆丸と言う役との出会い。

「地球ロックンロード」本番が終わり、そして上映会でもアフタートークでもない振り返りの時間の「ひそひそ後日談会」が終わりました。お越し下さった皆様ありがとうございました。

今年初出演だった公演でした。年明けの顔合わせから、色んな稽古や日程と平行ではありながら、一本の作品、一人の登場人物としっかりゆっくり向き合えた公演だったと思う。今回の公演で自分が演じたキャラクター伊豆丸についても一人後日談と言う名のふり返りをしたいなと思う。

本編をご覧になった方ならすでにお分かりの通り、女性だらけの登場人物の中で現れる正体不明のオトコ。それが実はその寮の、学校の、部活の卒業生で、当時は女の子だった役です。心も乙女なのか漢気があるのか、割と揺さぶられもしましたけど、やっていて楽しかった。「女性が男性として生きる」と言う現代で認知され始めた生き方を選んだ伊豆丸の、その経緯は本編では一切触れられないところにも魅力を感じた。さらに本編中では、名言と迷言と明言が入り混じる、いい加減で良い加減なキャラクターとして存在しているようでした。トランプを探したり、けん玉をやり始めたり、ギターを弾くかと思えば別に弾かなかったり、演技プラン上、何かに捕われればたちまち迷子になってしまいそうな伊豆丸。モデルになるキャラクターは頭の中にしっかりあったけど、やっているうちにどんどん変わってきた。台本に山ほどあったヒントを手繰り寄せて迷子にならないようにまっしぐらに進んでみた。

許せないことは何一つない伊豆丸。
行動理由がその日によって変わる伊豆丸。
好きな事と苦手な事が100個ずつある伊豆丸。
目標に向かって一直線な伊豆丸。
自分の事を語るのが苦手な伊豆丸。
他者を肯定も否定も出来ない伊豆丸。
朝は朝、夜は夜で楽しめる伊豆丸。
何事も自分の物差しで測る伊豆丸。
靴を履くのがめっぽう嫌いな伊豆丸。
恩に厚く、礼儀がなっていない伊豆丸。
猫に執着をする伊豆丸。
なんだかんだで長生きしそうな伊豆丸。

立体化するのも難しかったけど、こんな感じで組み立ててみたらすごく楽しかった。宛て書きをしてくれたこのキャラクターは自分の中でかなりしっくりくるところまで持ち上げられた。また無責任な事を言うようだけど、伊豆丸はなんかの芝居でまた登場してほしいなぁと思いながら、その時には自分が絶対やってやると言う意気込みと、他の人が演じているところも見てみたいなぁと言う興味と。

まぁ自分が学生時代に伊豆丸のような人に出会ったら、多分懐いてしまうんだろうなとか思いながら、でもほとんどの人が苦手だと感じる大人なのか子供なのかよくわからない、人であり、割と人外のようなやつでした。

今度の出演はWALL。そして「労働オブザ輪廻」。
ディレクションではラビットハートプロジェクト。そして人生はミラーボールだ!!。さらにその先の公演の情宣写真の撮影が、今日あります。桜も頑張って咲くが自分も咲き乱れていきたい2019年春。到来!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする