スタートライン。

スタートライン。

とても個人的な感想なんだけど今日の稽古中に、スタートラインに立った気がした。些細な気づきが大きな影響を及ぼすこともよくある事で。出演者全員の足並みと位置どりが決まった事。

身内褒めみたいな感じかもしれないけど、人に素直になったらいいんじゃないか?と言ったおれなので自分も正直に最近の稽古について書き記す。

今日は川野楓ちゃんが手伝いに来てくれた。彼女はツンとドラでオーディションで合格した若い人材で、おれが担当する「現実サイド」にメインで出てくれていた女子中学生役の彼女だ。公演も終わり、彼女も別現場でひとつの経験を経て、今回手伝いに来てくれた。とても頼もしい。せっかくなので我々の創作過程を見届けてもらえれば嬉しい。

真壁は、演出家としても脚本家としても、もう今回の公演が初めてと言っても過言ではない。今回の「地球ロックンロード」の公演のために一年間、ずっとずっと準備を進めてきた。片岡自動車工業になってからのおれのようでもあるが、とことん真摯だ。先輩だらけの現場では萎縮してしまったり、謙遜してしまったり、自信がなくなってしまったり、なんて山ほどあるんじゃないかと思う。その不安材料をこの一年で有り余るほどに埋めて、今稽古場では懸命なまでに実直に劇作に夢中になっている。この公演、本当にどうやっても成功させたい。

座席はまだまだ余裕がありまして、ステージ毎にバラツキはあるのですが、急げばどこのステージも確保できます。ところで凄まじいのは、目標動員数と金額設定だ。金額なんて2800円ですよ。先行早割は2500円だったし。3000円の重みと向き合い、そしてたくさん動員しなくては、成立しない大勝負に出ている。安くても良い芝居はいっぱいある。だから本当に来て欲しい。おれもスマッシュヒットを打ちまくる所存です。

小野村さんが、稽古場では四苦八苦している。本人が一番痛感している事だろうけど、がむしゃらな感じで食らいついてきている。エンターテイメントに比べてこの作品はかなり心の強度が要求される。役者としての実力とか技とかノウハウとか。一番大切なのは、いろんなことが楽しく出来るようになっているイメージだと思っている。まだまだ伸び代だらけだけど、楽しみだ。座組のチームワークはとても良い。そこらへんの劇団よりかなり演劇論が飛び交ったり演技での対話を試みている。
まぁ、迷ったり悩んだらさ、ヤケクソになるのも大事だと思う。感情をコントロールできるのは良いことだけど、制御できない感情を舞台に乗っけると言う美学だってあるんだから。不器用で愚かでガキのような役作りで、新しく生まれ変わり、今までに見たことのない小野村さんが見れると良いな!

あとひと月。スタートラインから、毎日全力疾走で頑張ります!どうぞお楽しみに!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする