お局ちゃんの人達。

お局ちゃんの人達。

えーびーがた「地球ロックンロード」の稽古に見学で、丹下真寿美嬢、是常祐美嬢が来てくれた。1日遅れで小野村さんの誕生日もお祝いできた。この日は賑やかな稽古場でありました。

もうあとひと月程で初日の幕があがる。割とがっつりと稽古している我々。是常さん丹下さんの二人はたくさんアドバイスをくれた。「ちょっと見て」の印象がこの段階でもらえるのはとてもありがたい。

演出・真壁は獅子奮迅の如く頭をフル回転。勝手ながら、演出の右も左もわからなかった、かつての自分がぶつかった壁と似た壁と向き合っていたりもする。挑戦する人間の姿勢は見ていてかっっこいい。そして彼女は自分のことが見えていない場合でも、周りを観察したり状況を把握する能力がとても高い。改めてディレクションに向いていると思う。

で芝居にとことんまで向き合うスタンスで日々覚悟みたいなものが強まっている。もうすっかり立派な演出家だ。

最近、再確認する。
「解る」と「出来る」の圧倒的な差を。
物事を正確に捉え解釈することができるのも能力だし、思いついた演技、求められているプランを演じられるのも立派な能力だ。創作の場で役者にはこの二つの両方の能力が同時に求められる。
ところが「わかった」=「できた」と勘違いを起こす人も少なからずいて、いざやってみたら、わかっていてもできてはいない、なんてことも。
それに演技プランは備えや試みとしては充分に用意しておくべきだけど、稽古や本番で、そのプランでが通用しないと直感した時にどれだけ良いと思っていても、容赦なく捨て去り新しいプランや、共演者の提案に乗っかってみる、と行った思い切りも必要だ。エチュード方式でよく応用されるけれども、普通に脚本を元に行う稽古でも同じ。

正解はないけど、なんだかアンニュイな打開策でできた気になるのが一番危険で、どんなことでもまぐれや奇跡はそんな都合良く起きはしないのだから、演技プランを実現する場合は、かなりの確率で、具体的なまでに具体的な攻略が必要だ。精神論ではなく技術の一つとして。そしてその技術は、急に出来るようになったりはしない。例えば「二度見」の稽古にしたって、毎日時間が許す限りやり込まなければ体得できない。この辺りは器械体操やダンスの技と似ているけど、役者の技は曖昧で「ここは流れでやってみて」みたいな希望的観測のもと無尽蔵に無作為に無意識に繰り返される中で、初見ではあった驚きや新鮮さが失われる。

で、おれが思う良い役者は、ステータスを低く設定する事に重きを置いている。言い方はいっぱいあって「格好つけない」「陰を背負う」「惨めになる」。最近はこの逆を目指し「格好つけて」「光を背負い」「誇らし気」に持っていくタイプが多く見られる。それはそれで良い部分もあるんだけど、素材の時点で、若かったり綺麗だったり男前だったり、と、かなり恵まれている人材がやるとめちゃめちゃ格好いいけど、そうでもなかった場合はコスプレイヤーさん達よりも悲惨な事になる。まぁ、誰でも人気者になれるわけじゃないので自分を知って、自分にあったプレイスタイルを見つけるしかない。

まだいける!
誰の話かって。自分自身に言い聞かせるちょっとした演劇論の論にもならない小さな見栄みたいなコツ。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする