GOGO!高円寺。

GOGO!高円寺。

こんにちわ。片岡です。

昨年夏に東京は高円寺JIROKICHIにて行われた「ウタトドラマ」が早くも第二弾。夏をテーマに切なくて儚い物語と優しい歌で奏でられたvol.1に続きまして今回も脚本の寄稿をさせていただきました。

PM/飛ぶ教室の福井玲子さん、山藤貴子さん、そしてシンガーの近藤ナツコさん、とピアノの千宝美さんの女性四人による1時間半の作品。

最初に寄稿した時は、玉置浩二の「メロディー」をテーマ曲に「さらば幼馴染」という本を書き下ろしまして、今回はBUNP OF CHICKEN「天体観測」をテーマに「恋する銀河系」と言う本を提供いたしました。

出来上がって送ったのが昨年10月の前なので、稽古され尽くした形での上演に冥利に尽きると申しますか光栄の至りでした。前回はすぐに帰阪でしたが今回はゆっくりお話出来るようにゆとりを持ったスケジュールで。

会いたかった人たちにも駆け足だけど会えるには会えて、本当はもっといろんな人に会いたかったのだけどそうも行かない事情もあって、なぜか関西でもあんまりご一緒できない方とご一緒する稀有なシチュエーションもありまして、束の間の東京遠征もあっという間にお開きと相成りました。

山藤さん、福井さん、近藤さん、千宝美さん、本当にありがとうございます。それに観にきていただいたお客様も。

しかしライブは人に寄せられるというか、人が中心になってそこに集う焚き火のような暖かさを兼ね持つ性質の、公演そのものの本性が丸裸になったような企画で、自分は好きな上演スタイル。いつかとは言わず、早いうちに大阪でもやってくれたら嬉しいなぁと思ったりもします。

今年は赤のジャンパーに赤の帽子で真っ赤に攻めたいなぁと思いながら、どうせ他の色にも目移りするんだろうけど、昔被り倒していたお気に入りの帽子と阪神電車でお別れして以来、しっくりくる帽子とずっと出会えなかったのだけど、すごいシンパシーを感じる帽子に出会えて、衝動買い。

キミに決めた!

さて。では新しい本に着手して書き始めてみる。