GOGO!高円寺。

GOGO!高円寺。

こんにちわ。片岡です。

昨年夏に東京は高円寺JIROKICHIにて行われた「ウタトドラマ」が早くも第二弾。夏をテーマに切なくて儚い物語と優しい歌で奏でられたvol.1に続きまして今回も脚本の寄稿をさせていただきました。

PM/飛ぶ教室の福井玲子さん、山藤貴子さん、そしてシンガーの近藤ナツコさん、とピアノの千宝美さんの女性四人による1時間半の作品。

最初に寄稿した時は、玉置浩二の「メロディー」をテーマ曲に「さらば幼馴染」という本を書き下ろしまして、今回はBUNP OF CHICKEN「天体観測」をテーマに「恋する銀河系」と言う本を提供いたしました。

出来上がって送ったのが昨年10月の前なので、稽古され尽くした形での上演に冥利に尽きると申しますか光栄の至りでした。前回はすぐに帰阪でしたが今回はゆっくりお話出来るようにゆとりを持ったスケジュールで。

会いたかった人たちにも駆け足だけど会えるには会えて、本当はもっといろんな人に会いたかったのだけどそうも行かない事情もあって、なぜか関西でもあんまりご一緒できない方とご一緒する稀有なシチュエーションもありまして、束の間の東京遠征もあっという間にお開きと相成りました。

山藤さん、福井さん、近藤さん、千宝美さん、本当にありがとうございます。それに観にきていただいたお客様も。

しかしライブは人に寄せられるというか、人が中心になってそこに集う焚き火のような暖かさを兼ね持つ性質の、公演そのものの本性が丸裸になったような企画で、自分は好きな上演スタイル。いつかとは言わず、早いうちに大阪でもやってくれたら嬉しいなぁと思ったりもします。

今年は赤のジャンパーに赤の帽子で真っ赤に攻めたいなぁと思いながら、どうせ他の色にも目移りするんだろうけど、昔被り倒していたお気に入りの帽子と阪神電車でお別れして以来、しっくりくる帽子とずっと出会えなかったのだけど、すごいシンパシーを感じる帽子に出会えて、衝動買い。

キミに決めた!

さて。では新しい本に着手して書き始めてみる。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする