初日ツンとドラ。

初日ツンとドラ。

はいどうも。ツンとドラ「S」初日の幕がとうとう開きました。

おれが脚本演出を担当しているのは前半の【現実】と呼んでいる部分。二本立てのような構成なのだけど、これをどう解釈するのかは、前説アナウンスで述べさせてもらっており、万が一遅れて入場された場合はそこを零してしまうので、わりと重要な言葉を逃してしまうため、楽しみ方がかなり変わると思っています。

初日は置きにいくベテランと攻める若手。みたいな日だった。キャリア故の臆病さは絶対に必要だし、若気の至りもあって、とても勢いのある初日となった。たくさんの方にお越しいただいて本当に嬉しい。

ところで今回のような作品の構成になるまでには本当に本当に、気が遠くなるほどの紆余曲折があったのだけれど、この形はこの形でベストではないかもしれないが、無限に近い数のベターと、出演者やスタッフ陣の力によって補われているため、胸を張れる作風です。この物語を通して、今回描いている主人公やその家族、あるいは他の登場人物の誰かに自分を重ねて思い返してもらえるような事があれば、それだけで胸もいっぱいになると言うものだ。

特筆すべきは出演者たちの年齢層がとても若いと言う事。平均年齢においてもそうだが経験値においては初舞台の出演者もいる。今回おれの担当するお話では全員が1人ずつ役割を担っている。均等ではないにしろ、所謂モブとしての登場が著しく低い。モブと呼ぶには輪郭がはっきりしているキャラクターだらけなので、脚本ではなく演出部分においてはわりとデンジャーなキャスティングとも言える。様々な場所から集まったそれぞれの性格と知性と品性の持ち主たちが、物語を中心に一つのグループになりエンディングでは今回かなり負荷のかかる演出を要求しているにも関わらず、それぞれが身を窶してくれていて、一つの作品として、またはエンターテイメント作品として華麗に昇華している。

今回、劇作上、一番気にかけていたのはエンタメと呼ばれる部分だった。踊りも殺陣も派手さもないエンタメ作品を初めての人たちと真っ向勝負で作りたかった。それは実際にはとても難しい挑戦だったけれども、かなり具体的に成功している状態だ。

おれもちょっとだけ出番があるけれども、もうちょっと出たかった。だから明日からはもうちょっと出てしまうかもしれない。出ないかもしれないが、まぁ一番どうでもいい役だし、どうでもいいような役はおれ1人で十分だけれども、ここもピックアップできるんじゃないだろうかと考えている夜だ。

しかし、お手元のパンフレットの中にアンケート用紙はございません。なんて言うたの初めて。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする