十年振りの普通の髪型。

十年振りの普通の髪型。

長い封印を解き放って、バイクをぶっ飛ばし髪を切りに行った。バッサリでスッキリ。いつも決まった美容師さんに切ってもらうけど、今日は気合が入っていた。ハサミがジャッキンジャッキン鳴っていた。髪の長さと量が4分の1位にまでカット。お風呂に入っても髪の毛が乾く早さがすごい。

はい。
今日はツンとドラ「S」の稽古で一心寺シアター倶楽さんへ。劇場空間で、実寸で、しかも袖もしっかりあって、頭から出来るところまでガーっとやるスタイルで始めた稽古は、途中で止まることなくエンディングまで繋がった。転換部分や、シーンの細部をシューティングしてきたこれまでの積み重ねが活きに活きた。タイムも目指していた予測に限りなく近いもので、今後の過ごし方にも大いに役立った。

有元さんや洋平くんもつぶやいたりしてくれてますけど、オーディションメンバーのチャレンジスピリッツが本当に凄まじい。いや厳密に言うと個人差もあるんだけども、それでもみんなのフットワークの軽さと物語へののめりこみ方がパワーとなっている。

おれは前から音響をしながら、チェックを取って、出番にはそこそこに立てた。
鈴木洋平、真壁愛、有元はるかの三名のキャストは細部に渡るまで演出意図を汲み取ってプレイに殉じてくれる。ここから数日間はファンタジーの稽古でオーディションメンバーは切り替えが必要なのでここでクールダウンしながら宿題を膨大に持ち帰る通しが出来て良かった。全体的に言えば、片岡脚本からSarah脚本に移行するわけだから、みんなにとってはまだ半分なのかもしれない。けど通した。通しで掴む手応えもそれぞれに。

もちろん自分自身も反省点や今後の課題はたくさん見つかって。この作品を昇華するためには具体的にあと二段階、ランクアップが最低ライン。次のランクに移行するためのチェックは通し後に伝えた。よく演出で出したオーダーが「それ本気ですか?」とマジなトーンで尋ねられる。全部マジ。フザケているように感じても、ちゃんと脱線はしていなくって、問題の解決策が特殊なんだと思う。大丈夫、片岡節みたいなやつですこれ。

前回の記事では脚本について「変わったことはしていない」と書いたけれども、本領発揮はここからなのです。演出面や登場人物の浮かせ方。ここまではみんなの力で来た。この先おれはみんなの灯台になろう。まだ19歳、20歳の次世代のルーキーたちと共に過ごす劇作環境は、おれにとっても毎日が勉強で、ワクワクさせられる。間違ったら一緒に解決しよう。

良質な作品であることは出演者が理解してくれている上で、みんなが真っ向から作品に寄り添いすぎて起きる不具合。ここまで来た。あとはユーモアと言う名の潤滑油。

この芝居はさ、感動もさることながら、笑いだって巻き起こるんだからね。少なくともおれの計算では。せっかく夢中になれているんだ、そこまで行こうではないか!

と言うわけで今日は今回の公演でこれまでにみんなに出してきた演出オーダーまとめ。

「考えて考え抜いた末、アホになって!」
「喋り方を全部普通にして!」
「喋り方を全部モノマネにしてみて!」
「これから本番まで毎日発声練習して!」
「もっと近く!もっと!そうその距離!」
「大丈夫、ちゃんと若く見えてる!」
「前半は考察!後半は確信!」
「聞いてる時、台詞がない時こそしっかり芝居をして!」
「常にお客さんに両乳首が見える態勢で立つ意識!」
「ハケ方、Vシネマのように!」
「キミ、もっとトレンディに!」
「キミ、もっとドラマチックに!」
「キミ、もっとうわの空で!」
「キミ、もっとヘラクレスのように!」
「キミ、ベイマックスみたいになっとるぞ!」

まだまだありますが今日はこの辺で。ハレルヤ!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする