ツンとドラ赤裸々日記1

ツンとドラ赤裸々日記1

今回からこんな企画をスタートするよ。最初はゆっくり、徐々にペースアップでお届けする新ユニット「ツンとドラ」に関する個人的な思いの激白。おべっか言ってもしょうがないから、ノンフィクション形式で。

公演の準備を始めたのが去年の夏。もう一年以上経つ。今回の演目タイトルになる「S」の構想の原案はおれ。それをムーンビームマシンのSarahさんとおれとで共同合作という形で一本に昇華すべく打ち合わせを重ねておりました。

全体的な構成はおれが考えたものを採用。この時点で物語を三つ用意して選んでもらった。でその中で「13歳」という仮タイトルのものがあって、企画であげた三本のうち一番勝負をかけている構想だったのをSarahさんがチョイス。ここで待ったがかかりタイトルが漠然と「アルファベット1文字がよい」と仰った。

作品内容にも付随するようにアルファベットの中から一番演目に相応しかったのが「S」。でもおれはこのタイトルはとても弱いと思っている。まぁ決めたもんだからこれで行くんだけども。

で今年の1月にお互いが脚本演出をするプレイヤーなので、世界観を二つに分岐してシナリオは交互に送りあって改定を重ねて行く方針で決定。

2018年3月、初手のプロローグに当たる部分はおれが書いた。これを送ったら材料が足りないと言われ、内心「足りてないのは当たり前でそこをどう解釈するかも踏まえしりとりをするかのように進める企画」でスタートしたところがいきなり停滞。当時3本の新作執筆も抱えていたので、「材料として何が欲しいかをリストアップして送る」。

でここからすげぇ飛ぶんだけど、7月。片岡自動車工業の公演が終わってまもない頃、急に方向転換となった。「まずおれの担当する本を完本させないとイメージが膨らまない」と言われて狼狽。内心はじゃあもう全部おれのイメージでええんかい、と。

やったことないけどやった。9月頭。第二稿の骨格を送信。特にコメントなし。
9月末「そろそろあげてくれないと私が間に合わない」と急かされる。
10月頭、第二稿完本。先方に送り後は彼女の担当する脚本が仕上がるのを待った。予定より遅れて本が届いた。やばい。全然噛み合ってない。おれの本、全然活かされていない。そんなわけで改定して欲しい箇所(ほぼ全編の書き直し)をオーダー。

しかし稽古は4日後に始まる。顔合わせにも間に合わなかった完本。※おれの担当箇所はすでに上がっていたけども。まだ台本が送られてこない。

正直温度差を感じる。食い違いやイメージ、スタンスの違いじゃない。ただ目指しているところが全く違う。

さて、おれは今後12月の本番まで、立派に人事を勤め上げることができるのだろうか。一癖も二癖もあるパートナーだが、もはや庇ったりするのも野暮だ。これは何も今のパートナーにだけ感じる温度差ではなくて、近しい関西小演劇界のいろんな所に思う。

……そっかぁ、意識がそこらへんにあるのかぁ。目指そうと思ったらまだまだうえがあるんだけどなぁ。みんなあれなんだな。しんどいことしたくないんだな。やればやるほど面白いものが出来るのに。

そんなわけで2018年下半期の残り三ヶ月は、勝負の時間。おれが持っている度量と経験と爆発的な瞬発力は、これまで手がけてきたどの舞台よりも必要になるだろう。頭の回転も。

表現者は過渡期に差し掛かっていると途端に魅力がなくなったりするもんで、別のところで充実してる人ほど、つまんなくなったりするな。

怒るでもなく、落ち込むでもなく、おれはおれの人事を全うするのだ。
12月、全身全霊で戦う。だから是非見にきてください。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする