幾星霜。

幾星霜。

過去の話。

片岡自動車工業、片岡です。一人ユニット丸3年を終え4年目を迎えて元気にやってます。元気にやってるっていうのはうわべの話で本音の部分はまだ劇団を畳んだ解散公演から、なにも進んでいないんじゃないかと錯覚する日が何度も押し寄せる日々だ。

もう3年もやってて4回公演も行ったし一人芝居も新作2本やったし、最近観劇していただくお客様には、かつて主宰を務めていた劇団の名前なんてご存知ない方のほうが多いと思います。しかし関係者にとってはまた違った話で、あとからあとから「あの時の片岡さんは」だなんて色んな話を耳にします。今でも本当にあった事を気持ちのまま喋れる相手なんて、解散が決まった日に電話した数名しか未だにいない。

やればやるほど、片岡自動車工業という名前がついて回るし、どんどん過去は置き去りにするんだけども、外部に出演する時のクレジットの括弧書きの重みだったりシェアだったりのあの感覚はもう2度とないんだなぁと思ったり。いくら片岡自動車工業って付けてもね、印刷代やインクの消耗を考えれば、別に表記なくてもいいんじゃないかって迷うくらいです。

自他共に認めている事なのかもしれないけど、過去にやれていた名作にどうしても今の人たちに観てもらいたい衝動もあって、色んな働きかけをしたけどどうしようもなくて、だからといってはなんだけれども、心を折った。働きかけはやめ。そのほうが前に進めるし、健康にもいい。

今の話。

走ったり考えたり、相変わらずパソコンをパチパチ叩いたりの日々。
ひとつ公演が終わって、また備えて、次を目指して、去年や、一昨年とはまた違った事をして、実に実りあるビューティフルデイズが続いている。躍進も後退も、全て自分自身の頑張り次第だし、誰かに手伝ってもらう事はあっても、それは手伝ってもらう以上でも以下でもなく、その有難さと容赦なさを毎日痛感している。

誰かに手を差し伸べているのか。誰かに差し伸べられているのか。無意識ではなく意識的にやったり、やらなかったり、とにかく「余計なお世話」を美談にしないように努めている。昔より損得で動くようになったのかな。人情に厚いほうが好きなんだけども。しょうがないね。人と人はいつまでも約束もなしに、或いは固く誓った約束があったにしても、一緒にはい続けられないし。

まぁだからと言ってはなんですが、離れる人材は離れたし、今も一緒にいる人はいる。おれの人生だもの、おれ中心で考えなきゃ。劇団中心だった数年前より、当たり前の事をしている。

未来の話。

やはり躊躇することも多い。自分の言動や行動で無意識に不必要な圧力を掛けていないか。かけるべくしてかける時ももちろんあるけど、心はホットに、頭はクールでいるように心がけている。

今、一本のシナリオと向き合っているけれども、とても難産だ。色んな要素があって、ややこしい性格のおれがヘソを曲げていたり、ちょっとでも気に入らないことがあれば止まってしまう。そういうのはうっちゃってがんがん進めればいいのだけど、どうも鏡を覗き込んでいるようなそんな感覚になる。反面教師にしつつ、邁進もしたいけれど、純粋に一本の作品を完成させることと、今回の新しい座組でしっかりスタートを切りゴールまで駆け抜けるのが第一目標だ。

イチをジュウにヒャクにするよりも、ゼロをイチする大変さが押し寄せてきて、それにはもう慣れたし、わりと熟練度も増してきたのだけど、まだまだ今の自分には足りてないスキルがあった。人のゼロをイチにもニにもヒャクにもセンにも、できるようにならなくちゃ。なろうなろう。

幾星霜。どんだけ経ったかなんて今後もきっと考え続けるんだろうけど、確認作業ではなく、これはただの振り返り。懐かしんでるだけ。

まだまだ化け物でいたいんだもの。

2018年、9月突入。15年前から着ているこのジャージ。いつまでも似合っていたい。猫も元気。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする