2018年、夏、前髪を失う。

2018年、夏、前髪を失う。

片岡自動車工業の公演もまだ記憶に新しい七月。あれから3週間と少しか。今は生駒で「心」という作品と向き合っている。日付的に今日は7月20日なので、明日が初日なのであります。

北海道は劇団千年王國の榮田佳子さんと片岡百萬両の二人芝居。ランタイムは80分。

ナイヤビンギという素敵な山のカフェ空間がありましてですね。そこの奥のお座敷で打つ公演なのですが、主宰は、おれ、サカイヒロトさん、坂本見花さん、そして榮田さんのカルテッド。もちろんたくさんの方々の協力もありますけど四人で立ち上がり四人で作った生の芝居。

実は初演は2014年10月。秋だったのか。いつでもどこでも場所とお客様さえあれば演りたい演目として捉えている。榮田さんは場所や文化は違えど全く同じ年の女優さんだ。自分で言うのはあれですけどとてもとても相性が良い。良いと思っているのは自分だけかもしれませんけど、この人に出会うんだったらこれまでの演劇人生捨てたもんじゃないなぁってくらいに思える女優さんです。おれはおれで良いこと、そうでもないこと、たくさんの経験をそれなりに積み上げてここにきたけど、全然違った登山ルートで、でもわかるそれ!みたいなエピソードまみれの彼女です。出会いはいつだったか忘れましたけど、共演はこの演目「心」だけ。

2014年「心」は、リーディング公演という形での立ち上がりだったのだけど、なぜリーディングかというと、ざっくり榮田さんに大阪に来ていただいて一緒に稽古をする時間を十分に取れないために他なりませんでしたけど、試行錯誤の末、おれだけはホンを持たずに上演するスタイルに思い切った公演なのです。そもそも4年前は10日そこそこしかなかった稽古期間だったので、膨大なセリフ量をどうやって叩き込んだのかは覚えていない。おれはこの人に褒められると自信に繋がるという人がいる。その方が初演の観劇後声をかけてくださってその時の言葉は忘れもしません。今回もう一度この演目を上演するにあたり、その方の言葉がぐるぐると回りますが、前回に比べての発見も多いし、結局紆余曲折あったけど同じようなところに着地していて、初演は初演で胸を張ってやっていたんだなぁ。あとは全員が4歳大人になった渋味みたいなもので変化もあるかもしれません。

生駒だけでなくこの夏は記録的な猛暑に見舞われています。ナイヤビンギの会場にはクーラーがありません。毎日山を扇風機持参で登ったり、いろんな事をしています。ハンドメイド、どんと来いじゃないですか。おれたちなりのおもてなしを精一杯やっておりますよ。

坂本見花氏には娘がおります。母になられました。すごい。旦那さんはよく知る男で、かつて芝居を一緒に作り続けてきた男で、良い感じにぶっとんでる。そんな彼も音響だ。初演から。縁が交錯するようにして打たれる公演を、本来は劇場空間でするような事を、とんでもない場所でやります。でもそれだけの価値があるし、あの場所の恩恵を受けながら血が巡ります。

お局ちゃんでは、延命さん、是常さんが中野劇団さん「代役」でもう公演を終えられていて、関ヶ原では森崎さんが自劇団マウスさんの公演でぶいぶい言わせています。真裏で小林夢祈くんも演出やってます。すごいバイタリティの人たちだ。負けていられない。

主宰サイドにもいますが役者に専念させてもらえる環境はとても心地よいです。言い訳なんてする気もないし、この作品はどんな方にも見ていただきたい一心でやってます。暑さで半分溶けそうになりながらアイスクリームみたいに作ってます。

未知の作品に出会いたい方は今からでも遅くありませんし、どうぞナイヤビンギにお越しください。料理もおいしくて冷たいカフェもあります。

今、一番やるべき演目と向き合えています。だけどこれはまだまだ小さな一歩。この公演を実りあるものにしてなおかつ、さらに可能性を広げていきたいのです。役のイメージに合うように髪の毛を切ったのもまるまる4年ぶり。

敢えて強気な発言で締めくくろうと思いますけど、まだご存知ない方には是非、榮田佳子という女優の凛とした演技とそれを繰り出す人間性の凄み、歴戦の公演のアウトラインや中枢を担い続けてきたサカイヒロト氏の骨の髄に染み渡る舞台照明と美術のコーディネート、ファンタジー女性作家の暴れ狛犬、坂本見花の脚本と演出、あと、おれ。おれのこともちゃんと同列な感じで格好よく書こう。エンタメお化けのエンタメじゃない部分は結構鋭いナイフのような片岡百萬両です。全て必見!必感!この奇妙奇天烈摩訶不思議なメンツでの公演が関西でみられるだけで、すごいと思う。

なんかさ、最近「え、その劇場でその金額!?」と驚く公演が多い。ほんで観たら大抵思うんだ。金返せよって。思わないの? おれめっちゃ思うし、次から見に行かない。高いから。

まぁようするに批難でもなんでもなく、こういう事を考えるくらいの元気な奴であったと思い出しましたよおれは。ええもん作ります。嘘言わない。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする