これがおれたちの関ヶ原。

これがおれたちの関ヶ原。

朝からダンスリハ。昼夜で男稽古でした。大塚くんの合流を待つのみで、少数精鋭と言いつつも全体的には「お局ちゃん御用心!」より人数が少ない「関ヶ原の見物人」は、真壁愛さんや小林夢祈くんの代役がものすごく助かる。

もはや片岡は前から見ていない。小山くんがんばれ。

男だらけでセリフを群唱する部分をやってみる。もうこれは毎回しないと全然合わない。ここには梅村和史くんも参加。自分で書いといてアレですけど、全然言えない。この写真を見るとこの座組の中で一番背が低いのがよくわかった。

山浦さんが中心のシーンを稽古していると、よっしーや日呂さんと共に立ち位置がズレたりして、好きに遊ばせてもらえる。笑いを堪える訓練もしとかないとハマりそうでまずい。松之助くんは個人的に役にドンピシャで、彼のファンにも必見の内容です。

森崎さんは圧倒的に熱量技量が凄まじくて、それに対抗するのか呼応するかのように梅村くんが異彩を放っていて、もういきなり抽象的なシーンに突入しても中身が充実してるから面白い。梅村くんはやっぱりオンリーワンな存在だ。

朝のダンスリハでは、三味線の獅士丸さんと梅村くんも参加で、中元さん、真壁さんも来てくれて、一体これはなんの稽古をしてるのかよくわからない異種格闘技戦みたいになっていたけど、田中美聡さんが情報や役割分担を整理してくれて、演出的にこう観せたい、見せたい、魅せたいは遠慮なく注文している。

一般チケットが発売になりました!

一気に予約が増えました!!!
ありがったい!具体的に言うと100名以上ご予約いただきました!すごいことです!

……でもまだまだいける……!
未曾有の18ステージだから。「もっと演りたいなぁ」とか「追加公演決定!」とかもうマジでない。客席はいつでもウェルカムです。

でも急がないと土日のステージは埋まってしまう可能性があります。お悩みの方、お急ぎ下さい。誰でも言うと思いますけど、演劇関係者の方にも観てもらいたい。前回公演の「名探偵青島青子 -劇場版-」は早々に完売になってしまったせいで、終わってから「完売になったから諦めた」とか言われる事がかなりあって悔しい思いをしました。もちろん関係者向けに劇作しているわけじゃないし、楽しんでもらいたい一心で作ってますが、関係者にも知っててほしい。二つの突き抜けた演目も、片岡自動車工業の事も。

賢くないし、一人ユニットだし、色々欠けているものだらけだけど、胸は張ってる。

無難な事より問題を好む、山椒は粒でもピリリと辛い。
今日は「お局ちゃん御用心!」の稽古。

そして21時よりお知らせの日。このお知らせは、きっと楽しんでもらえるはず!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする