登場人物は出演者の数と同じ。

登場人物は出演者の数と同じ。

前回公演「名探偵青島青子 -劇場版-」では、ほとんど手をつけれなかった事は、ネタ部分の手入れだったりする。手をつけれなかったというか手をつけなかったというか。タイミングの問題もあるんだろうけど、執筆時に思い描いていた面白さと、役者が演じた時の面白さには違いいがあって、青島青子においてはかなり役者に委ねていたし、笑いとしては執筆時に想像していた部分まで到達していなくても、役者の考えたアイディアを尊重して舞台に送り出した。それが正解か不正解かは別として、その行為も含め味わい深い作品に仕上がったのが前回公演だった。

今回の「お局ちゃん御用心!」は演出的にそのあたりのジャッジを一新していて、まず自分のイメージを実践してもらっている。それ以外は想像以上の面白さで飛びかかってくるものを取り入れさせてもらっているけど、まずはこっちの絶対的な基準値を決めて、そこまで上がってきてもらうようにしている。そして、この演出方法はかなりおもしろくなると信じてもいて、これは稽古が始まる随分前からそう思っていたので、体現できなさそうな方は一人もいない。全員エースだ。片岡監督のなでしこジャパンだ。そんな事を言いだしたら、実はもっともっとご一緒したかった気になる方もたくさんいるのだけど、呼べばいいってもんじゃないし、これでも呼びすぎているような気もする。

大江さんのアイディアに舌を巻いた。
丹下さんはしばらく脳トレが続く。
真壁さんに小ネタを仕込んだ。
中元さんが役を立ち上げ始めた。
延命さんは稽古の行き帰りが減量中のボクサーみたいだ。
安達さんは急に稽古に駆けつけてくれた。
堀内さんは目を白黒させながら反則プレイの連続。
林檎さんは高い基準値で全員にプレッシャーをかけてくれている。

ここまでチームプレイで上がってきてくれていて非常にいい感じなのだけど、知ってほしいのは両作品において、青島青子の時からチームサポートでついてくれている、

石田さん、飯伏さん、夢祈くんの三人の協力サポートのおかげで、全体のシーン稽古が滞りなく進めれるという点だ。レベルの高い代役をテンションを保ちながらやってくれる。それでも足りないところはメインキャストの人たちが快く代役をしてくれていて、演出の自分はもとより、演出助手の小山くんも、代役で立たずに前から見る事に徹しているので、あとから同じ目線をもった演出部でディスカッションが行える。今回は三人に加えて稲田さんもいる。すごいカルテッドだ。お局カルテッド最高。

なにをおいても縁の下の力持ちがいてくれてこその手応えだという事を、忘れる事なく作りたい。もちろん彼女たちは舞台には立たないけど(前回はこっそり出演した)魂は一緒に舞台に乗せたいと思っている。すでに乗ってるような気もする。すごいことだ!

そういえば特殊な事に気がついた。「お局ちゃん御用心!」では、モブシーンが皆無だ。全員出演シーンは本役のみ。木AとかBとか村人1とか、風4とかが一切ない。登場人物は出演者の数できっかり。会話劇でもないのにモブがいないなんて、これもすごいことだ!

開花まで一月とちょっと。千年杉みたいなみんなが抱きしめたくなるような作品にする!

チケットは、土日のステージと初日が埋まりそうなので、お悩みの方は13日の一般予約開始から急いでもらえると嬉しいでっす。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする