ダンスはお局!芝居は関ヶ原!

ダンスはお局!芝居は関ヶ原!

逆や。昨日とまったく逆や。

どうも、すっかり更新が遅くなっちまったけれども活動中。昨日とは真逆の朝「お局ちゃん」ダンスリハ→関ヶ原の役者稽古。

本日のダンスリハではMIHO氏choreographerによる「お局ちゃん」オープニング。ここを彼女に考えて欲しくて選曲したと言っても過言じゃないよ!
やっぱりしっかりがっちりハマっていてMIHO節と遊び心がはじけて混ざったチャーミングなオープニングに仕上がりそう。振りが付ききったダンサーズで拍手が巻き起こった。まだダンスリハと役者稽古は別になっているので、女優全員分の代役。ふとももつりそう。それから今回は新しい試みがあって、役者発信の振付箇所もいくつかあって、そこをダンサーズにふりうつし。難しかったらしい。がんばってもらおう。あっぷあっぷになっているダンサーズが観れるかもしれないのは「お局ちゃん御用心!」

そして「関ヶ原の見物人」の稽古。

森崎さん、松之助くん、自分の三人でキャンペーン稽古。やっているうちにどんどん人が増えてきた。三味線の獅士丸さんが画期的なアイディアをくれた。なにそれすばらしい!

この作品では超重要な小道具が揃ったので、早速お試しでいじりまくる。大先輩蟷螂さんもこきつかってしまってる。でもなー、自分が観客だったら暴れる蟷螂さんも観たいから色々要求している。息を切らせる蟷螂襲さんが観れるのは「関ヶ原の見物人」。

大詰部分に着手。また難しいことをしようとしてる。
でもな、難しい事、つまり現段階ではできそうにない事を、一月後の本番には出来るようになってるくらいの熱量とチームワークで稽古を積み重ねたい。

「あー、そのメンバーでそういう演目ね。だいたいそういう感じね」

みたいな予想の上を目指さなくちゃいけないのは、プロデュース公演の宿命でもあると思ってるし、芝居全部がそうであってほしいなとも思う。でもここでひとつだけぶっちゃけておくと、稽古が楽しいのは「関ヶ原の見物人」のほう。これからどんどん変わると思うけど、共演したくてゲストさんを呼んでいる節があるので、全員と絡む自分がわりとしっかり出演している「関ヶ原の見物人」はやっていて楽しい。「お局ちゃん御用心!」は、前から観ていて楽しいし、どんどん進化していくけど、舞台に自分は立てないという最大のコンプレックスもある。

そういう点では片岡自動車工業で役者に徹する自分が挑戦できるvol.3というナンバリングの「関ヶ原の見物人」は大きな挑戦と立ち上がるべき作品。過剰にならない程度の自信、でも確固たるもんは、舞台にのっける。歪な歴史の誰も描かなかった一幕を、思い切り書き記す。そうそう、おれの役どころは「一筆示し史伝師」。

一筆どころか百筆くらい示します。観に来てください。一般発売まもなくです!