追い越せ半分以上のお局ちゃん。

追い越せ半分以上のお局ちゃん。

二日続けてのお局ちゃん稽古。山場を残して、いやもはや全編山場みたいな感じなのがお局ちゃんになってきてる。理想とは程遠いけど、追求したい事は何度も言ってみる。

「まだまだおもしろくなる」って言う事と「今はまだその途中」と言う事、そして「どうやったらおもしろくなるのか」たったそれだけを伝えるのに苦戦もする。苦戦なしに名作はあり得ないのだけども。段取りと遊び心が詰まりまくった作品に仕上がるし「お局ちゃん御用心!」と言えばこれ!的な名物シーンが形になった。まだまだ熟練しなくちゃいけないけど、今回の出演者たちなら絶対にやってくれるだろうなと思いながら、明日の事を考える。

「関ヶ原の見物人」の稽古だ。あんまり「お局ちゃん御用心!」が面白くなってしまったら、それはそれでまずい気もする。いやまずくはないんだけど。どっちも面白くなるよ。切り替えて行こう。稽古におけるスタートダッシュはわりと成功していて、まだ稽古に参加できていないキャストは、これ一体どうやって追いつくんだろうと怖くなったりもした。

両作品とも立体化は半分を超えた。超山場に超強力な熱量で立ち向かおうかなと思う。わりとどっちも激しい作品なので。

演出助手の小山くんが頭痛を訴えた。演出部は休みなしでここまでやってきているので、体力面が心配だけど、わりと自分はまだいけそうな気がする。

荒い荒いものになるだろうけど両作品合同通しがちょっと楽しみになってきた。ここにダンサーも入るといい感じに混沌としてくるし、あっちに負けられないなぁと言う気持ちが芽生えるはず。

「お局ちゃん御用心!」は痛快かつハートフルな改定が出来た気がしている。
開演がかっこいいんだよ。そこからオープニングキャストパレードもふざけてるんだよ。あとは団体戦です。こういう芝居は最近見てないから、自分が見たかったものが出来てきていてわりと手応えを感じている。

若い人たちは金額が安いので是非見に来て欲しい。学生さんは大歓迎!
まだまだ!まだまだのぼるぞおお!

でも今日はねる。