集大成vs新境地。

集大成vs新境地。

こんばんわ。別にこそこそしているわけではないんだけれども、日記の更新が頻繁になる時期にいよいよ差し掛かってきました。こんばんわ、片岡です。

劇団時代には考えられなかった、役者の本格稽古始動前に、各スタッフとのミーティング、ダンサーズとのディスカッション、小道具リストの作成や割稽古の段取り等、環境改善に成功してきていて、ここまではとても孤独だったり、不安があったりもするけど、明日、顔合わせで一気に放出する事が出来る。今おれが思うおもしろいことを詰め込みまくった二本で、去年の自分ではきっと書けなかっただろうし、「儂が燃えて死ぬまでの噺」「突貫!拙者の一夜城」を経た経験もかなり活かされている。

前置きの前置きのような記事になるけれども、これはこれから始まるもう一度も立ち止まる事のない稽古前の意気込みみたいなものなので、ほぼ自分に宛てるような文章なのでメモに近いんだけど。

「お局ちゃん御用心!」は、過去を振り返ると「スーパーソニックジェット赤子」のスピード感と「お母さんがゾーマ!」の滑稽さ、「ほらふき王女バートリー」の持つ収束感、そして「儂が燃えて死ぬまでの噺」の展開力(無いほうで)が、ぎゅっと混ざった感じになるんじゃないかと思っている。そういう意味では結構集大成だ。片岡自動車工業では打っていない新しいけれども、若かった時にチャレンジしまくった事に再チャレンジするようで、でも舞台におれはいないので、結局真新しい作品になると踏んでいる。

「関ヶ原の見物人」は、非常に難産で、実はどんな風に観てもらえるか、あまり検討がついていないけど、新作を打つ時にいつも思う「あ、これをおもしろいと思ってもらえないのであれば、今後劇作はやめよう、世間のニーズと自分の好みの食い違いが激しすぎる」という感覚。実験的な要素はたくさんあるけど、テーマは一つしかなくて、演劇なんてシンプルでええやんけ!こんな時代劇があっても全然ええやんけ!これが後の「片岡式時代劇」の先駆けじゃ。と言う意気込み。

どっちも完本してみて、対局的な仕上がりなので二本両方観てもらいたいし、リピートも大歓迎です。アドリブシーンがどうこうじゃないけど、毎ステージがプライスレスの連続の18ステージになると思うし。

そんな事で本日は天満橋はRJカフェにて映像の赤星マサノリさんと打ち合わせを行いました。なんでも汲んでくれる大先輩。かっちょいいし、出演でお呼びできたら最高だ。なんでスタッフで声かけてるんだって思うけどスタッフでも最高だから。

思いの丈をぶつけた打ち合わせでした。結局精神論かよ。でもハートが震えてなんぼでしょ芝居なんて。

あ。

チケットのご予約をどんどんいただいております!
たくさんのお申し込みありがとうございます!

でもまだまだいけます!まだまだいけます!
完売なんてありえないかもしれないほどに。宣伝も演出も出演も全部がんばるぜ。

LOVE。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする