出演者さんをご紹介いたします。

出演者さんをご紹介いたします。

おはようございます。ドライアイ上等、片岡です。いよいよ発表となりました片岡自動車工業vol.3「関ヶ原の見物人」。第一弾発表は出演者一同を発表です。豪華キャストにお集まりいただきまして、もう感無量です。

そんなわけでして、今回の記事では、初めましての方もご縁のある方々も軽くご紹介させていただけると幸いです。
蟷螂襲さん
PM/飛ぶ教室さんの脚本演出代表を務める片岡よりも20歳も上の大先輩。片岡自身PM/飛ぶ教室さんの公演には何度か出演させていただきまして、ミジンコターボという劇団の解散公演にもご出演いただきました。今回は放送コードギリギリアウトっぽいことをしてもらうことになりそうです。
※片岡自動車工業へは初出演。
山浦徹さん
化石オートバイ主宰。俳優としてはもちろん、脚本も演出もこなされるマルチな山浦さん。外部で共演させていただいたり化石オートバイさんに出演させていただいたり、自分がやっていた劇団でも連続で出演していただきました。かっちょいい山浦さんをお届けできればと思います。
※片岡自動車工業へは初出演。
森崎正弘さん
MousePiece-reeさんの森崎さん。実は数年前、佐藤太一郎企画「風のピンチヒッター」で共演させていただいたのがはじまり。森崎さんの練り込まれるような演技構成は、年下として目指すべき姿勢であったり、こうでありたいなぁという尊敬であったり、手本にすべきところだらけの俳優さんです。熱烈オファー。満願成就。
※片岡自動車工業へは初出演。

上原日呂さん
月曜劇団の演出であり、片岡の20年来の知り合い。苦楽を共に共演した舞台は数知れず。片岡が彼を知るように、彼もまた片岡のことを知ってくれている信頼のおけるジェントルマンです。また年齢も同じ歳でライバルです。自分にないものをたくさん持っている。身長もね。今回はツッコミまくってもらいます。
※片岡自動車工業へは二度目の出演。

吉田青弘さん
片岡作品への参加回数no.1を誇る吉田青弘氏。やっていた劇団時代でもたくさんの作品に参加してくれた彼は一枚目も二枚目も三枚目もどこでもできる。カメレオン俳優。変な役が多いですが、今回はさらにおかしなキャラクターを演じてもらいます。ただこの世界観に彼は必要だ。一昨年の彼の一人芝居「突貫!拙者の一夜城」も代表作。片岡時代劇には絶対に出演してくれています。
※片岡自動車工業、全公演出演中。

大塚宣幸さん
大阪バンガー帝国所属。彼は即興イベント「アクトリーグ」でのチームメイトとして活動を続け、それから幾多の舞台作品で共演いたしました。問題作「儂が燃えて死ぬまでの噺」ではキーになる役どころを見事に演じきってもらいました。見た目の格好よさと、舞台全体を導く力強い演技は今回の作品でも大きな力となると思っています。
※片岡自動車工業へは初出演。
飯嶋松之助さん
KING&HEAVYのKING担当の松之助。今回の出演者陣の中で最年少となります。彼とは共演したことがないんだけれど、彼が出演している作品を見ると目を引くものばかりで、ご紹介いただき出演となりました。フレッシュ枠となりそうな感じですが、おもいっきり暴れてもらおうと思っています。
※片岡自動車工業へは初出演。
梅村和史さん
吉田くんと北海道に芝居をしにいったときに、一人コンテンポアリー「真・ゲンコツ人間」という演目をやっていた彼。一目惚れとはこのことで。遠い北海道の地から演劇の垣根をこえて今回初出演となりました。どうしても関西のお客様に彼のお芝居をみていただきたいです。ぜひ!
※片岡自動車工業へは初出演。
竹内獅士丸さん
津軽三味線の名手。生演奏をしていただきます。昨年出演したムーンビームマシン「月雪の娘」で初共演。ツガルジャミセニストがこの世界にどう影響するのか、化学反応が起こる気しかしません。おもいっきり口説きました。梅村くん同様、芝居と三味線は決して近くはないのだけど、獅士丸さんの芝居に対する理解力や柔軟性も大きな力となることまちがいなし。
※片岡自動車工業へは初出演。
片岡百萬両
おれです。ここまででいろんな方をご紹介させていただきました。また改めてビジュアルも公開いたしますが、どこかで出会ったりお世話になった方々が一堂に会する片岡自動車工業の今回の公演で、片岡百萬両という役者も知っていただきたいのです。今までの片岡自動車工業の公演とは一味も二味も違うってところは、たぶん片岡次第でもあります。がんばります。
初のロングランになります。初とかいってもまだ公演3回目なんだけども。10日間。HEP HALL。憧れているうちは届かないものは、憧れるのをやめるところからスタートしなくちゃ手も掛かりませんし。無謀と人に笑われるかもしれないけど、やってやれねぇことはねぇ。でもね、お客様の「面白そう!」等の声もたくさん頂けるとそれがますますの力になると思うんです。だから、公演までの間、退屈させないようにアレコレ面白企画も発表しますが、ぜひ、SNS等でもお気軽に絡んできてくださいな。
お客様が入ってはじめて完成するのが舞台芸術だと片岡は思っています。本当にたくさんの方に見ていただきたい。また発表が控えておりますが今日はこのあたりで。
ドロン!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする