冬の空のモラル。

冬の空のモラル。

こんばんわ。というかおはようございます。片岡です。最近はもっぱらPCと軽快に睨めっこ。

いよいよラッシュ的なやつがはじまった。台本も書いている。なかなかにハードだけれども自分がやらないで誰がやる。やりたい事をやりたいって言うのは誰にでもできる。そのしたい、やりたいをよっこいしょって興すんでしょ。そう、生産をするのだ。観てもらいたいから。

自分が太っている時、愛想を尽かして距離をとった人たちがいた。それ以上に寄り添い続けてくれた人たちもいた。たまにある。もう40歳にもなりそうなくらい片岡を過ごしていたら、そんな事が初めてではない事にも気がつく。なんか知らない間に期待されてて、その期待に応えてなかったらしくて、知らない間に見限られたりとかもしている。まぁ過ぎ去るものは仕方がない。要するに、その見限るどうこうで人事移動があるにせよ、眼中になかっただけの話なんですよね。自分にとってすべて「知らない間」なわけで、なんか勝手に持ち上がって勝手に持ち下がったみたいな状態。知ったところで知らんがな!ってなるし、まぁ、おもしろいもん目指して懸命になってる間、視野が狭くなって、なんらかの期待に応えられなくてもさ、それで質のある芝居が出来るんだったら、そっちのほうがいいや。

息抜きも必要だし、今の自分は十分に息抜きをさせてくれる、或いはともに息抜きの時間を共有できる人が増えた。人間関係がとてもとてもクリアになって晴れ晴れしい気持ちだ。ずっと絡まってたんだなぁと思う。身軽になって初めてわかる事も多い。それと同じように環境を変え新しく一歩を踏み出そうとする人もまわりにいる。チャレンジは大切だ。尊敬する。

結局、自分が自分をどれだけ信じれるかに尽きる。

太っていた時の自分はとても嫌いでした。外も歩きたくないし、知り合いになんか会いたくないし。芝居も観念してたし。でもね、立ち上がる作業を何度も何度も失敗して、何回もやっぱり立ち上がりたくて、走りたくて、飛び上がりたくて、試行錯誤の連続でしたけど、夏に思い立って冬に思うことはモラル。

おれがおれの思うモラルは絶対にブレないし、芝居に関してもこれがキーになりバックボーンになる。おれはほかのだれでもないし、ほかのだれかがおれになれるわけでもないじゃないか。だからやるよ。片岡自動車工業で、危ない公演。一人で子供、一人で大人!

でもさ、今日は「グッド・コマーシャル」の本番なんだぜ。
信じられないぜ。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする