折れないハートの作り方。

折れないハートの作り方。

片岡です。おはようございます。

なんだか物々しい雰囲気を感じる今日この頃。身の回りで起こっている事件がなかなか畳み掛けるようでもありまして、主に次回公演に向けてなんですけど、なんというかそういう星の元に生まれ落ちたのかトラブルが次々と舞い込む。

でも。今回はこれまで劇団時代に培った経験もフルに活かしつつ、それでもなお、未体験のモノに遭遇するようでもありますが、頼れるサポーターのみなさんに支えてもらってます。公演の座組においてはまだ未発表なんで、誰がどうとかまだ書きませんけど、非常に心強い。本当にたくさん。ここ最近で出会った人たちも中にはいて、やってきた事が肯定されているかのようにも思えます。

出会う事と別れる事は常に川の流れのように有り続けるけども、おれのようなタイプは、別れる事へのマイナスな気持ちばかりに目を向けがちだったような気もします。でも最近はそれでも力になってくれている人たちの強力さにプラス思考へと傾きつつあります。

一人ユニットだけども一人じゃない。

だからさ、芝居は絶対に面白くするんすよ。おれにできる事はそれだけだし、そのためだったらわりとどこまでも頑張れるわけだし。今までもこれからもそう。第一回、第二回公演はあまり演劇の人たちに見てもらえなかった。今回は創作者の皆さんにもたくさんみてもらえたら嬉しい。関西で、まだこんな馬鹿な事に全力で取り組んでる演劇野郎がいて、それはそれで悪くないってところをちゃんと見てもらいたいのです。

血は受け継いだりもしてる。ただ途絶える事もある。その事に若干の虚しさも感じるけれども。

どうだろう。
今回は大きく人事も動いた。意図的なものもあればそうでないものもある。ただどういう形であれ、今回の公演が自分にとって大きな意味を持つということ、そしてかつてないほどの勝負作である事にはかわりない。勝負って言ってんだから負けた時の覚悟もちゃんとしてらぁ。

もちろん、勝ちたいけどね。

次回作のタイトルはもう決まっていて発表までもう少しってところ。デザインワークも進めている。なかなかかっちょいいタイトルロゴが出来た。最近とんと見かけなくなった感じのやつだ。

自分らしさって、人から言われて気づく事が多いね。
演技にしても脚本にしても、デザインにしても。ありがとうみんな。

そんな言葉の破片たちが、おれのハートの頼りない部分を補ってくれていて、折れないハートになってきてます。いくつになってもネバーギブアップ。エンジョイアンドエキサイティング。そしてさらにポジティブハートで謙虚に作ります。