属性について。

属性について。

なるべくポップに生きるように心がけています。どうも片岡です。

SNS文化と呼ぶべきかいいね時代と呼ぶべきか。BLOGもついぞ、知る人ぞ知る的な感じになっているという自覚もある。だからこそ書ける事もあるね。

芝居なんて打たなきゃ忘れられちゃうし、役者なんて作家がいなくちゃ即興かイベントしか出来ない職種であるという古い考えを持っているおれです。だからこそ共存しなくちゃいけないのに、わりと狭いところでいがみあったり責めたり守ったり、同業者から搾取するような感覚も覚える。ところでおれは片岡自動車工業という一人でやっている身分なので、攻撃力も防御力も、技もたくさん身につけなきゃすぐに殺されてしまうんじゃないか。とも思うわけです。

まぁそこらへんにアンテナ張ってる人同士での仲なら、そういう駆け引きも出来るけれども、気楽に何も考えずにやってる者もいて、ヒヤヒヤする。才能ある者が、考える事において劣っているというだけで、どんどん消えてしまうのは物悲しい。

ところで自分はそういった人たちと手を取り合って、スクラムを組む事で勝ち負けでいうところの勝ちをもぎ取りに行きたいと考え続けていたわけですね。かつて。劇団時代は。あの頃と今の自分では結構思想も変わってる。夢見がちな事はあまり口にしなくなった。

「演劇で飯食いましょうね」

って言いながら劇団やってるやつをみると「マジか」ってなる。もちろん不可能だなんて思ってないけど、要するに「演劇で飯を食う」事に対して、そこまでのビジョンや作戦がハッキリしてないやつほどそれを言う。どうしたって首を縦には触れない。最近考えている事のひとつ。演劇ってなんつーか、ビジネスとはわりと遠いところにあって、心意気とか、いい作品にひたむきになる馬鹿さこそが美しかったり、心を動かされたりするって今でも信じてるからさ。たくさん観てもらえる努力はするけど、宣伝もしないくせにギャラだけは一丁前に決まってるやつを見るにつけ、血の気が引く。そういう輩の演技に心を動かされた事もない。なんなんだろう。まだ答えは出ていない。

タイトルにある「属性について」の話。

SNSは文字で人柄が見える。がんばるぞ!って書いてるけど心配を煽るような記事ばかり上げたりするのは計算なのか天然なのかはわかんないけど、おもしろくはない。おいしそうでもない。いい気分にはならない。そういうのがここらへんみたいなのを箇条書きにしてみます。

●今日熱ある関係のコメントに体温計の写真載っけるタイプ。
●嫌な事あったけどスッキリしたから明日もがんばるって書いてるタイプ。
●自撮りが微妙に本人寄りになっていて、誰かと写っているけどその誰かを利用してるタイプ。
●ただただ気持ちを垂れ流しているタイプ。
●明らかに個人に宛ててるであろう文章の恋文タイプ。
●主語は省いてるけど、悪意を特定の人間にぶつけているタイプ。
●ドジアピールタイプ。
●身内と友達の境界線があやふやで「仲いいんです!」だけが伝わるタイプ。

いつか、こういう登場人物だらけの人間が一同に介して、なにも話が進まないコントでも作ってみたいと思ったりもする。立派な現代病だ。

ちっともドラクエの画像の意味がない記事になっちまった。

あ。次回公演に向けてせっせせっせと準備中。1日1歩と数センチ。
吐くまでがんばる。吐いてもがんばる。何を吐くかは内緒。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする