鈍感力。

鈍感力。

片岡自動車工業です。independentや満月動物園さんの忘年会にお邪魔してまいりましたわ。年末って感じ。

●来年はですね、劇団西川さやかに参加するところからスタート。いろいろと準備を進めたい。一気にいろいろ動きだすので、もう今が踏ん張りどき感がすごい。全然、まだ血も吐いてないし全然いける。災厄どんと来いですわ。そっちのほうがむしろ燃える。

●てなわけで、年内最後のデザインワークの入稿を済ませまして、棲み家と呼ぶべきマイルームの大掃除。10年ほど捨てれずにいたものたちと綺麗さっぱりオサラバ。過去はいらん。未来のための今が連続してるだけの部屋にしていこう。壮絶な断捨離。

●15年ぶりにLOVE THE WORLD時代、一緒に艱難辛苦を乗り越えた室屋と遭遇。いっぱい話せた。間にヨネマリがいてくれた。室屋は相変わらずで「片岡さんからなにはいい匂いがします」言うて嗅いだけどそのいい匂いはヨネマリからだったというオチ。なぜか本気で卓球勝負をしたけどボロ負け。

●谷屋君!イエモンのメカラウロコ行ってるやんけ!なんでやねん!誘ってくれよ!九州でもわいは行きたいんや!だってイエモンやで!

●何かあるたびに動揺してしまう自分は、落ち着き払う事を目標にしてきたんだけど、どうもそれは性分ではないみたいなので、感情的な自分の心もしっかり拾い上げていこう。

●鈍感力は必要か。自分は敏感なほうなので、少しのひっかかりが気になる。というか少しどころではない場合、ツッコんで向き合うか、見て見ぬ振りをするか、って話でね。大人になるって難しい。

●色んなネットワークもありまして、最近起こっている不吉な事が散らかりまくっている部分の辻褄が合い始めた。知恵や知識は武器になる。心に負担がかかって諸刃にもなるけど、怖がってたらなんにもできん。

●誰かがおれに対してめちゃめちゃ興味を持ってくれているとして、その人のおれへの関心がなにかの拍子に一切なくなった場合、そこについてじっと考える。というかもっとわからんようにもせぇよ、だだ漏れやないかい秘密にしておきたい感情。もっと狡猾でいてよ。せめておれと対峙する立場になろうってんなら尚更だ。おれは簡単に取れるタマじゃないって話で。