何枚の舌があるんだ。

何枚の舌があるんだ。

年の瀬ですね、こんばんわ、片岡です。

昨日は某先輩、今日は某俳優さんと立て続けにお話いたしました。機動力が自分だけなのが片岡自動車工業だけれども、今できることは全力で取り組んでいる。全部は楽しんでもらうためだ。

塩タンも食べた。おいしい。

今日は背筋も凍るようなゾッとする話を聞いた。恐ろしい。恐ろしいよ!
恐ろしいのは苦手だよ!

インディペンデントの忘年会に、青島青子のサポートチームとして関わってくれた小林夢祈くんを(半ば強引に)連れて行った。いっぱい挨拶してまわって、今からひっくり返す「戯曲男」のポストカードをたくさん配っていた。時間が来たから駅まで送った。一人の男として表現者として、できることを全力でやっている彼の姿はたくましい。躊躇することも多いし知らない世界にダイブしてるんだから当たり前だけど、彼は美しい。大人になったら一緒に夜通し遊びにいきたい。ボーリングでもカラオケでも、芝居の話でもお酒でもなんでも、彼とたくさん話したい。

彼の公演のポストカードのデザインを担当した。しっかり仕事として引き受けさせてもらった。年明け2週目に、イロリムラプチホールで旗揚げ公演。観に行く。

本当にひょんなキッカケで知り合った夢祈くんはおれと20歳以上も離れている。だけどほら、芝居の話となったら年齢差なんて関係ないからね。彼が今回の旗揚げ公演に想いを詰め込んでいるのを見ていたら、こっちまでちゃんとしなくちゃと思わされる。身内でも、味方でも、仲間でも、師匠でもなんでもないけど、おれは勝手に応援してる。そんな風にできている。おせっかいもそこそこに。

余談だが、なんか今日は忙しかったくせに妹が訪ねてきて話し込んだ。
わりとしっかり喋った。相変わらず美人だわ。うちの妹・夏美は。

さあ。今年も残す所二日。

週刊少年マガジンで連載の長寿漫画「はじめの一歩」、今週は、第1巻からずっとずっと張られてきた伏線にいよいよ触れる展開だった。漫画で涙するのも、最近なかなかなかったけど、今回のは完全に心を抉られた。美しかったなー。

さあ、書き殴るだけ書き殴りましたけども、年の瀬なんでこれだけ書いておこうかな。

信じるモンくらい自分で決めるんや。ブレへんモン、一個か二個だけでいい、ちゃんと心に置いとかないと格好悪くなるからな。誰になにを言われても絶対に変わらへん部分、ちゃんと持ってるか? 今までやってきた自分の血と道をちゃんと信じようぜ。自分の事すら信じられへんようになったらもう終わりや。おれは何度でも立ち上がる。自分の事はそこそこに信じてる。

分別じゃよ。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする