いえもん。

いえもん。

片岡です。あんまり言ってなかったりもしますけど、THE YELLOW MONKEYのファンですねん。高校生の時に聞いた「JAM」から始まって「バラ色の日々」や「聖なる海とサンシャイン」「プライマル。」みたいなおもいきりロックバンドとしてJ-POPと戦い続けて、遂に解散しちゃったTHE YELLOW MONKEY。解散した時はそりゃもう衝撃でしたけど、最後にリリースした「プライマル。」でなんてスカッと解散するんやとか思ったり。

ボーカルの吉井さんがYOSHII LOVINSONでソロ活動を始めたり、吉井和哉と名前を改めたり、その頃もZEPPじゃなんじゃとライブには足を運んでいたりもした。ソロの時にリリースされた曲の歌詞やメロディは確実にバンドの時の亜種ではあったけど、哀愁も感じさせられて、悩み続けていた自分は、悩んだらいいよって言われてるような気がした。

それがさ、もう見れないと思っていたバケモノロックバンドが、パワーアップして再結成になったじゃないですか。もうメカラウロコですよね。「砂の塔」「Stars」「Horizon」と続け様に新曲をリリースして、どれも尖っててセンチメンタルで、まだ夢の続きを見せてくれるのかって今どハマりの再熱です。

再結成のライブの一曲目が、ラストシングルだった「プライマル。」でモンスターバンドみたいでかっちょよかった。ずっと生で聴けなかった曲だったし。バンド時代の曲はソロの時の吉井さんがライブでは歌っていたけど、最結成しての迫力はやっぱりすごかった。4人でイエモンなんだなぁと思って、見惚れていました。

逆にソロでリリースしていた名曲の数々は、もしかしたらもう聴けないのかもしれない。もちろんディスクとしてリリースされているものはライブラリには入っているからずっと聞くんだけど。これからもたくさん影響を受けるんだろうな。と思います。

普段と全然違う突然のカミングアウトですけど、12月28日に武道館で解散したイエモン。今年は同じ日に九州で「メカラウロコ」のライブをする。行きたかったけど、残念。

まぁこれは純粋に個人として好きでシェアするような相手もいなくって、ずっとずっとひっそりと聞いていたバンドなので、今日ここでこうやって書くのは、わりと精神的には、自分も前に進もうぜっていう意味なのかもしんない。

空の事、星の事、愛の事、自分の事、今の事の連続。

おかえりなさい!