キンキラキン!

キンキラキン!

「グッド・コマーシャル」の稽古。衝突した。わりとしっかりと。演出として守らねばならない今の公演における演出部分が、過去に上演してきた「グッド・コマーシャル」と衝突した。

再演における最大の難敵である。でもね。おれはね。初演のこと知らないんだ。知ってたとしても観客としての話なんだよ。だから今いる三名の出演者をどう舞台に送り出すかって事しか考えてないんだよ。過去は過去として捨てきれるのか、過去を尊重してただの再演にしちゃうのか、演出を担う身としてはとても悩ましい部分だ。

佐藤太一郎企画はその名の通り、佐藤太一郎が中心である。そうでなくちゃいけないし、お客さんもそれを楽しみにしている。太一郎さんが線なら、おれは点だ。ただの点に出来る事は限られているかもしれないけど、でもね、点はでかくなったり小さくなったりは出来るじゃない。過去公演を引き合いに出されても、それが正解の一例である事は認めるけど、他にもたくさん正解があるかもしれないじゃない。おれは白でも黒でも他の色でもないキンキラキンの「グッド・コマーシャル」にしたいんだよ。

安心感とは真逆だから大ゴケするかもしんないけど、そんなギャンブルのひとつでも放り込んでようやくおれが演出として今回いる意味が出てくるんじゃないのか。ん? そもそも演出なんて意味ないほうがいいのか? そんなわけない。でも、いっそ大人になって小さくまとまったほうが身のためか。それで誰かが満足するならそれが吉なんじゃないのか。違う違う、そんなのはおれのやり方じゃないはずだ。相手がどうであれ、おれはいつだって子供だしイタズラ好きだ。これから先もそうだろう。

おれが培った演出家としての経験を最大限に放り込んでもまだ足りてないわけで。

だったら足りてない部分を閃くしかないわけで。

残っている時間で何ができるか考えるだけだ。

そう。今日の事は企画の段階から覚悟してきた事じゃないか。ぶつかって、そのあとでしょ。いつだって名作が生まれるのは。おれは舞台上にはいないけど、冬の寒さを吹き飛ばす熱い三名の芸人が、新宿ルミネtheよしもとで、12月7日に、キンキラキンの「グッド・コマーシャル」をお届けするよ!

写真はSNSから拝借いたしました。「グッド・コマーシャル」のポスターが飾られている様子。まだおれも見た事がない。我がデザインも堂々としている。デザインに負けないように演出も尖っていく所存。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする