ほな、また明日。何億年先でも。

ほな、また明日。何億年先でも。

おれです。INDEPENDENT:17参加作品「何億年先でも」全公演終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。やっぱ芝居作るの好きだわおれ。

と思わせてくれた谷野まりえちゃん。一枚だけ2ショットの写真撮りました。全身全霊で「何億年先でも」を演じてくれて本当にありがとう。劇団員ではない女優さんとタッグを組んだのは花田綾衣子ちゃん以来10年ぶりの事でした。

去年は「突貫!拙者の一夜城」を吉田青弘くんと作りました。どっちも大切な作品になりました。去年ってか今年、札幌でやってるんだけども。

まず夏が終わる頃には脚本は出来ていて、決して容易くは完本できなかったけど書くのは楽しかった。自分の身に起こった事も振り返りつつの執筆。背中にドリルで穴をあけられて、管を通されて、下半身に麻酔打たれて、車椅子生活、の2週間もしないうちに公演ってなかなか壮絶な経験で、まぁぶっちゃけくじけそうにもなったけど、いや、もうくじけてたんだと思うんだけど、よぼよぼの身体とも向き合って、今はほら、こんなにも元気になりました。

「何億年先でも」で彼女が演じた役が死神である事も、劇中で登場する大きな鎌の事も、植田さんが用意してくれた衣装の事も、ずっとずっと秘密にしてきました。全部ネタバレだしね。最近は風潮として公演前に衣装やら稽古風景の動画やらを発信しやすい時代になったけど、おれは、劇場で上演される作品はビックリ箱みたいであってほしいという強い気持ちがあって、どうしても時代の流れに乗りきれずにいます。作品自体を劇場で全部まるっと楽しんでもらいたいと思うから。

死神は、おれが初めて書く題材でした。満月動物園さんの観覧車シリーズの影響も大きくあります。劇団時代に上演した死神が登場する作品も、おれなりに尊重してみて、それでも、こんな死神がいてくれたら世の中捨てたもんじゃねぇなぁ。と思ったりしながら書きました。

稽古はまりえちゃんと返し稽古と通し稽古をたくさんしました。無駄話もたくさんしました。まりえちゃんの腕はムキムキになったりもしました。打てば響くとか、褒めれば伸びるとか、そんな次元の稽古でもなくただただ盲信するようにこの作品の台詞のことばっかりしてました。演劇の創作ってつまりそういうことでしょ。踊ったり歌ったりも楽しいし、まりえちゃんならなんでも出来るんだけど、今のおれがまりえちゃんに捧げるべき作品は、デコレーションされた物語や演出とはちがったところにある孤独になる瞬間の心みたいなところだけを要求しました。

フィジカル面で頑張ってるように見える演出もなくって。ノーガード。

だけど心にひとつでも残ってもらえればそれだけでいい。そんな覚悟がようやく出来たような作品が仕上がりました。おれはこの「何億年先でも」が自分の代表作だと思っているし、次はこれをこえる作品を作らなきゃと思ってます。それをストイックな事だとはもう思わない。当たり前の事だと思ってます。

芝居の打ち上げで彼女とお別れしました。また会えればいいし、会えなかったら残念だけど、きっと会えるでしょ。その時はまたよろしくね。みたいな感じで。

昔の事だけ輝いてる!そんな暗い毎日は過ごしたくないもんね。先生。

とりわけ見てもらいたい友人たちに見てもらえた。なかなか捨てたもんじゃないなと思った。
ありがとうございます。差し入れもおいしく頂いたり飾ったりしております。応援してくださって、本当にありがとうございます!

ほな、また明日。何億年先でも。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする