愉快な時だけ思い出して。

愉快な時だけ思い出して。

こんばんわ。おれです。

INDEPENDENT:17参加作品「何億年先でも」のリハ、ゲネが無事終了。ハートの小さいおれは場当たり表を今年も用意した。他はあんまりやってないらしい。でもおれはやめない。

2時間ある1ユニットに与えられたリハーサル時間。どう過ごすははユニット次第。でもゲネプロはもちろんする。今おれが一番勉強しなくちゃいけないのは照明に関してだと思う。長所短所はあってもいいけど、弱点はそのままにできない。そんなおれが明かりの事についてしっかり考えた作品でもある。

「どうやったらどういう効果が出るのか」は今までだってずっと考えてきたけど、
「こんな照明だったらどんな感情になるの?」と感覚的にトライしたのはわりと初めてだ。間違ってもいい。大事なのはチャレンジスピリッツだ。いつだって挑戦者でありたいわけで。

そんなおれをよそに、谷野まりえちゃんの集中力は凄まじかった。前回の通しの反省が活かされすぎていた。明日いよいよ初日なんだけども、早くお届けしたい気持ちでいっぱいだ。明日は明日の風が吹くから、何ら油断はできないんだけども。もうあとは祈るだけですわ。

真裏の日程「蒼い刻」の出演を控えている元同じ劇団員にして、片岡自動車工業の出演経験者にして、かつておれの脚本演出の一人芝居を演じた真壁愛ちゃん(ちゃん!?)が忙しい中ゲネプロを見にきてくれた。

まりえちゃんとのやりとりは珍妙だったけど、まだこの二人、共演がないそうです。おれとしてはどっちもナンシーなんすけども。なんかこの二人、共通点は全然ないけど、今日の時点で二人ともユニークな髪の色をしていて、サーティーワンアイスクリームかと思わされた。

力強いコメントをもらって見てもらえて本当に嬉しかった。

「何億年先でも」の見どころは、なんといっても谷野まりえちゃんの芝居なんだけど(当たり前)、それに加えて凶器と、衣装もあります。どんな作品かってずっとずっと伏せている項目もたくさんありますけど、劇場で目撃していただきたいです。

おれとしては、なんか演劇の、そして役者の魅力をとことん追求した削ぎ落とした作品です。ずっとずっと、デコレーションのような演出ばかりしてきたけど、おれが思う一人芝居の芯はマジで喰ってる。

今年のINDEPENDENTはチケットの売れ行きがハイペースなんだそうです。知らなかった。迷ってらっしゃる方、土日はもう完売間近だとか。急いでくださいね!
昨年の12本が凄かったからっていうのもあるけど、今年のメンツも強豪揃いですもんね。まぁ、そんなこと関係ねぇや。おれたちがやりたい事をしっかりやるだけだ。もちろん、ルールは守った上でね!

愉快な時だけ思い出して、涙におぼれる、たまにはそれもいい。

さて。明日いよいよ12本中の6本がお披露目となります。他の作品がどんなのかは一切知りません。「じゃんけんぽん!」で出たのをただ見る感じ。ガチ。

18時開演のブロックの三番目が「何億年先でも」です。
どうぞよろしくおねがいします!

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする