佳境の「何億年先でも」。

佳境の「何億年先でも」。

おれです。

INDEPENDENT:17参加作品「何億年先でも」谷野まりえちゃん一人芝居の通し稽古。やるたびに精度が上がってきている。おれは、INDEPENDENTにおいて、時代の移り変わりに影響されずに劣化しない強度の作品がある事を、わりと知っているほうだと思う。
「突貫!拙者の一夜城」も、もちろんそれを意識して作ったんだけど、アプローチを全く変えて挑んでいる「何億年先でも」は、タイトルから、すごく壮大なお話を想像される方もいるかもしれないけれど、実は仕掛けもなにもない超スタンダードなお話です。今までの自分の作品の中では一番見やすいほうだと思います。
おれが演出するには早熟な気もするけれど、こういう台本書いちゃったんだし演出も成長しなくちゃ。

谷野まりえちゃんは、気立てが良いお方だと思っています。
なんでも出来るプレイヤーだとも思います。
彼女に今回のような話はきっと贅沢なんだと思う反面、
今のおれと今のまりえちゃんとのタッグでぶつかるべき問題作ではあるような気がします。
仕上げはまだしない。
いや、もしかしたら永久に仕上げはないのかもしれない。
だってさ。
日に日に良くなっていくんだから、もうそれは!
イケるところまで行くしかないショ。
残りの稽古日数は数えるほどしかない。
でも今明確に次に突破しなくちゃいけない事柄が見えた。
突破口さえあればさらに一段階か二段階、面白くなる。
今日の通しは演出席でぼーっと見てみた。
胸が掬われるような気持ちにさせられた。
間違いなく彼女の代表作になると思ってます。
ランタイムはカーテンコールも含め29分45秒。
素晴らしい!
テキストの剪定抜きで5分も縮まった。
来週、稽古総見。ここで全てが決まる。

足し算ばっかりしてた昔のおれの演出に比べれば、削ぎ落とす作業のほうに重点を置いている今回は、本当に見て欲しいんだ。
訳あって稽古写真は一枚もない。もうなんていうか、写真全てがネタバレだから。出せない。うん、いや、写真撮る心境にはなかなかなれないんですけど。

一人でも多くの方に観ていただきたい。

本番まで2週間。来るべくして来た佳境。役者の方はたいへんだと思う。
でも、文句ひとつ言わずに、己を高めていく谷野まりえちゃんは本気で凄まじい。

どうぞお楽しみに!

ささやかな話ですが。
先日、妹と甥と姪、そして父、母、おれの6人で食事に行きました。
テーブルを挟んで向かいに座った妹。妹には三人も子どもがいるけど、ぶっちゃけ父と母と妹とおれのメンツで食事をしたのはずいぶん久しぶりの事だった。子供の頃はこれが日常だったのにね。

写真は、食事中、終始おれの隣でサンシャイン池崎の影響で「イェエエエエエエ!」と叫び続けた甥のゆうたくん。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする