殺陣のない台詞芝居。

殺陣のない台詞芝居。

匿名劇檀「悪い癖」を観劇。芝居ばっか観てるなぁおれ。どうもこんばんわ。

壱劇屋の台詞のない殺陣芝居に対して、殺陣のない台詞芝居。メタフィクションを取り入れた会話劇。再演だし戯曲賞受賞作品だし、スタッフワークもばっちりハマってて、昔拝見した時と比較しても劇団力がグンとあがっていてかっこよかった。

福谷くんを、匿名劇檀を、もっと知りたくなったし、好きになれる作品だった。

「どやぁ」みたいな見せ方というかスタンスも好きだし、福谷くん自らが出演しているというところもポイント高いし、絶妙なコントロールしていたなぁ。それにちゃんと応えてる出演者もすごいんだと思う。最近関西ではとんと見かけなくなったような作品が観れてかなり満足しています。何様か言う話ですけど。むちゃむちゃ繊細だし、作りが。

寄せ集めてないし、なぁなぁじゃないし、しっかり勝負してるし、代表作だし、一本の芝居を観たって感じれることあんまりなくなってきて寂しい思いをしている最中だったので、目が醒めるような気持ちでした。ありがとうございます匿名劇檀。

竹村くんと福谷くんの絶対的な差は、演出年齢(単純に経験値)なのかもしれないなと思いました。性格やジャンルや、その他もろもろ色んな部分が違うけど。

でもなんかほら、最近よく見かけるんすけど、身内間だけで盛り上がってんだかどうかわかんないようなカフェ公演とか、やたら日替わりゲストがいる公演とか、公演前にも関わらず衣装公開しちゃうところとかって、ちょっと楽しみ奪われたような感覚になったりもする。最近はやっぱり金額設定かなぁ。in→dependent theatre 1stで4000円とか、どういう計算でそんなことなるの。ちょっとでも単価下げて大きな箱でやりゃいいのにさ。どうせ飲み会のお金とかで消えちゃうんでしょ!そういうのは大抵。節操がないのかな。
大事な何かが確実に足りてない。芝居熱なのか、準備期間なのか、スケジューリングなのか、それぞれかもしれないけど。そんなに緩い気持ちで芝居打てないと、おれは思う。

自分たちで盛り上げようと努力してるところと、こなしてる感じのところとでは絶対的に温度差が違ってて、宣伝が行き届いていないのが原因なのに、「助けて」みたいなことすぐ言うあの感覚もよくわかんない。

なにもかもひっくるめて全部反面教師にしていきたい。

とにかく「悪い癖」は演劇熱もすごかった。アイホールもめちゃめちゃ合ってた。
お見事!

おれは芝居観るのも好きだ。いいのもそうでないのも。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする