生みの親、自覚なし。

生みの親、自覚なし。

おれです。毎日日記。できれば、まぁ負荷がかからない程度に毎日書きたいもんですわ。

はい。
前回(昨日の記事)で書いた通り、3年ぶりにアイツに会ってきました。

なめちゃんこと、劇団赤鬼座長の行澤孝氏です。せっかくなんで若いねぇちゃんに2ショットを撮ってもらいました。久々だったけれどもやりとりはいつもと変わらない感じで。タイムスリップしたみたいな気持ちになった。関わる形は変わり続けるけど、関われてる事が嬉しかったりするもんで。彼とは三年前にこんな会話がありました。

おれ「(劇団解散して)一人ユニットするのにユニット名、悩んでるねん」
なめ「片岡自動車工業でいいんちゃうん」
おれ「え。」
なめ「親父さんも喜びはるやろ」
おれ「そうする」

片岡自動車工業、ユニット名決定!

で本日の彼との会話抜粋。

おれ「そんな話があったおかげで、こんな名前になりましたわ」
なめ「俺そんな事言うたっけ(笑)」
おれ「なんで覚えてないねん(笑)」
なめ「(笑)(笑)(笑)」
おれ「(笑)(笑)(笑)」
なめ「片岡自動車工業って名前、演劇ってわかりにくいやろ(笑)」
おれ「お前が言うてくれたんや(笑)」
なめ「思い出した、言うた言うた(笑)」
おれ「生みの親でっせ」

そのあと二人で笑ってるだけの時間が暫くありました。

それで、話は戻るけど、行澤くんと最後に共演したのが佐藤太一郎企画「風のピンチヒッター」だったわけなんですね。そして今日、ついに、四苦八苦していた、その佐藤太一郎企画その20「グッド・コマーシャル」のポスター画像が解禁になりました。あ、あんまり解禁とか軽々しく言うのも嫌っているおれですが、天下の吉本興業公演なら本気の解禁ですね。結構前からデザイン自体は組み上がってましたし。それがこれ!

渾身の一枚。おれとしては今までになかった引き出しだし、ラフ画では全然違う感じだったけれども、西野さんの脚本が面白すぎて、こうなりました。背景に溶け込んでいる言葉たちは全て劇中で登場します。このチョイスがね、まだ作品をご存知ではない方へのネタバレを絶妙に回避してりつもりです。脚本があると、こういう事ができるから楽しい。

演出も頑張るぞ!

さぁ、演出といえば、現在真っ最中の「何億年先でも」の稽古。11回目。
まりえちゃんと二人で作品と向き合い続けてます。やっぱ集中力がググイとあがる。女優・谷野まりえの底力を垣間見ました。中盤から後半、この物語で大事なところは、今日やったシーンに収束していくようなところがあると思っていて、ネックとも言う、一番攻撃してる時程、防御力が弱まったりもしますけど、ここは攻撃特化!って事で防御力0です。抵抗はあるだろうけど、よくやってくれている。好奇心旺盛な性格故か、前向きにトライしてくれている。これはいい作品になるぞ。部分部分で細かく強化してるので、次の通しがどうなるか非常に楽しみでもあります。共同作業してるなぁって思う。

スタッフ総見までに目標を掲げてやってます。そこで決まると言っても過言ではないし。舐めんなよスピリッツで参ります。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする