愛情が試してくる。

愛情が試してくる。

おれです。
おはようございます。明け方の時間だけど土砂降りのおかげで太陽はまだ見えんですね。夜行性のおれにとってはありがたい空模様。靴が濡れるのは不快だが。

ピリピリはしてないけど、日々の節制生活の中で、なかなかに苛立っているおれです。事あるごとに文句ばっかり考えてしまってる気がする。沖縄から帰ってきて2kgは落ちている体重のおかげで、高く飛べるけど、神経は尖ってしまっているのかもしれない。心は丸くありたいものだ。片岡自動車工業になってから、エネルギーの使い所はポイントを押さえれるようになってきたんだから、それは後退しないようにしなくちゃ。

稽古以外でも愛情がおれを試してくる。偽物か本物かはわからないけど、心の真ん中にある気持ちには演劇に対してや、家族に対してや、今のおれを取り巻く環境に対しての愛情がちゃんとある。言葉を駆使しても人間はすれ違う生き物だし、せめて思った事について、後から「あれ伝え損なった」とはならないように、ちゃんと伝える努力はせねばなるまいよ。人は、興味は、好意は、すぐに離れたり裏返ったりするものだと思うから、おれが一人でひっくり返ったりしないようにベクトルはブレないでおこう。

おとんが嬉しそうだったり、おかんが疲れていたり、SNSでムムムと思う記事を発見したり、嬉しい報告が飛び込んだり、悔しい発表のされ方をしたりと、激動の数日。

人生で何かの順番待ちをするような境遇に立たされた時、追い越したり、譲ったり、流れに身を任せたり、色んな行動を取る事になる。いつだって愛情に試されている。

おれには、死ぬまでにやりたい芝居がまだ100本くらいあるから、まだもうちょっと死ねない。それに、こんなおれに責任重大な役割をくれる人たちだってたくさんいる。光栄な事だ。我を通すのもかっこいいけど、気持ちや期待に応えるのも、クールだぜ。

「グッド・コマーシャル」の演出と宣伝美術を担当。宣伝美術に大きな進展あり。新しい環境で勝負できることのありがたさよ。壁は、大きければ大きいほど、越えた時の成長も大きい。全力で挑む理由なんてそれだけで十分じゃないか。

ここは、おれが好き勝手に書きなぐるだけのブログだけど、また演じたいなと思う作品や、演出したいなぁと思う作品、書きなぐって今日は終わる。

●「恋心」脚本、演出、出演
●「極楽百景亡者戯」ピースピット/出演
●「ツキカゲノモリ」満月動物園/出演
●「こころ」浮遊許可証/出演
●「百萬両ジェントルマン時代のコントオムニバス」出演
●「愛情マニア」突劇金魚/出演
●「いたずら王子バートラム」ミジンコターボ/演出、出演
●「足場の上のゴースト」PM/飛ぶ教室/出演
●「不死身のゲドウ」ミジンコターボ/演出、出演
●「どうでもいい結社」月曜劇団/出演

10本書いてみた。すごい、考えただけで吐きそうになれる。でもやりたい。

クラウドファンディングご支援のお願い

片岡自動車工業クラウドファンディング

2022年7月14日 ●クラウドファンディング募集開始しました! 初となる東京進出公演決定!実現に向けて応援よろしくお願いいたします!【2022年8月31日25:59まで】

詳細はコチラから!

クラウドファンディングページより

はじめまして。片岡自動車工業 主宰 片岡百萬両です。このプロジェクトページに目を通して頂き誠にありがとうございます。
2014年。僕が人生を掛けて続けていきたいと思っていた劇団ミジンコターボが10年という歳月で解散しました。解散と言ったのも主宰である僕ですが、それから2年間は薄暗い部屋から一歩も出ない完全に空白の時間を過ごしました。親にも迷惑をかけながら、悶々とした日々に終止符を打ったのも、また演劇がしたいという気持ちでした。【片岡自動車工業】という名で演劇活動を再スタートし、2週間のロングラン公演中に大阪府北部地震が発生し公演を一部中止せざるを得なかったり、コロナ禍のなかで思うように稽古や公演ができなかったりと主宰としてまだまだ経験していないことだらけだと思いました。そんな中、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティという目標としていた劇場に進出することが叶いました。ずっと応援してくれた家族の支えがあり、また僕の創る作品に全力で挑んでくれる俳優とスタッフがいて、そして観に来てくださるお客様が沢山の声援と拍手を送ってくれたからこそのシアター・ドラマシティ公演でした。

一つ大きな目標を達成し、これから一人で続けていくには限界を感じていた僕に「チームになろう!」と声をかけてくれる仲間がいました。片岡自動車工業の公演で主演を三度務めた、存在だけで空気を明るくしてくれる女優の袋小路林檎さん。僕の古くからの友人で、一時期はラーメン屋の店長まで上り詰めたのに「やっぱりエンタメがしたいっす。」と言って映像編集や制作業務の勉強をしている俳優の澤奈津樹さん。劇団時代は新人だったけれど、そこから一人メキメキと経験を積み脚本や演出、演出助手までするようになったムードメーカー女優の真壁愛さん。そしてこれから先、成長し素晴らしい女優になるだろうと声をかけた若き精鋭たち、川上藍香、川嶋芙優、椎木ちなつの総勢7名となり、東京進出公演が決まりました。劇団の解散から8年。全くもって想像していなかった未来に冷や汗をかきながらも、片岡自動車工業東京進出公演に向けてワクワクが止まりません。実現に向けてご支援よろしくお願いいたします。

続きはコチラから!

シェアする